おすすめのsim会社pickup!

格安が魅力!SIMフリー「LIBMO」の料金や通信速度、対応機種まとめ

投稿日:

格安sim LIBMO
大手キャリアで契約するよりも月々の料金を安くすることができる格安SIM。以前に比べると周知もすすみ、事業に参加するMVNOも非常に多くなりました。

格安SIMを提供している会社のサービス内容はもちろん料金も様々。すべてを比較し1つの会社に絞り込むのは難しいでしょう。

そこで様々なMVNOの中でも、低価格でプラン契約ができると評判のLIBMO(リブモ)を紹介したいと思います。

LIBMOの3つのおすすめポイント

LIBMOは、静岡県を拠点に通信事業を行っているTOKAIコミュニーケーションズが提供。2017年2月からサービス提供と、比較的新しい格安SIMサービスです。

早速LIBMOの特徴を見てみましょう。

1.月額料金を大幅に縮小できる

LIBMOの格安SIMは、データ通信・音声通話・SMSの利用+3GBの場合で1,580円

このプランで考えると、現在使用している携帯のSIMを切り替えだけで月々の支払いが1,580円まで縮小することができるのです。

2.対応端末が豊富

LIBMOが対応している端末は最新のiPhoneからAndroid、タブレットなど動作確認端末は100種類以上です。

今まで高い金額を支払ってiPhoneを使っていた方も、LIBMOなら月額料金を見直すことができるのです。

また、LIBMOでは携帯端末を変更したい方のために、豊富な種類のSIMフリー端末も取り扱っています。

3.NTTドコモのLTE回線使用で快適通信

MVNOに切り替えると通信速度を心配する方も多いですが、LIBMOはNTTドコモの回線を使用しているため快適に利用できます。

もちろん電話番号も今のままでOK。携帯電話ナンバーポータビリティ(MNP)が利用できるため、電話番号の変更を知り合いや友人に伝える必要はありません。

格安simの回線に関してはコチラ

LIBMOの料金設定の詳細とお得なキャンペーン

LIBMOの料金設定
LIBMOで契約する場合、「端末+SIMセット」か「SIMのみ」の2パターンから選ぶこととなります。
まず、今使用している携帯端末にLIBMOのSIMを入れ替えて使用するケースを紹介します。

SIMの種類は、データ通信のみの(データ通信専用SIM)・データ通信+SMS(SMS機能付きSIM)・データ通信+SMS+音声通話(音声通話付きSIM)の3種類から選ぶことができます。

データ通信SIMは、インターネット・アプリ・メールなどが利用できるSIMです。アプリが使用できるため、通話アプリを使えば音声通話も可能です。音声対応SIMを利用しない分、低価格で契約することができます。

SMS機能付きSIMは、データ通信に加えてショートメッセージサービスが利用できます。音声通話付きSIMは、スマートフォンすべての機能が利用できる契約となります。

現在利用している機能はそのままに、支払っている月額料金を安く抑えたい場合は音声通話付きSIMの契約方法となります。

では料金をみてみましょう。

音声通話付きSIMの料金

ライトプラン:1,180円
3GBプラン:月々1,580円
6GBプラン:月々2,180円
10GBプラン:月々2,980円
20GBプラン:月々4,680円
30GBプラン:月々6,580円
データシェアオプション:月々820円

ライトプランとは、最大通信速度は200kbpsとなりますが、データ容量は無制限に利用できるプランです。

データシェアオプションは、3GB~30GBプランを契約している方を対象に家族でデータ通信容量をシェアしたい人やスマホ・タブレット端末・モバイルWi-Fiルーターなど複数の端末を利用する方にお得なプランとなっています。

LIBMOの国内通話料は30秒毎20円で、SMS通信料は送信に3円~、受信は無料となっています。

また、使用データ容量がいっぱいになってしまった場合の料金は、100MB追加1回200円、1GB追加は1,000円となっています。

その他オプションについて簡単な説明とサービス料金を紹介します。

・かけ放題ダブル:月々1300円
10分かけ放題サービス+その月の国内通話料上位3つの番号の通話料が0円になるサービスです。
・10分かけ放題:月々850円
音声通話SIM契約と通話パック30に申し込むことを条件に、アプリ経由もしくは電話番号のあたまに専用の番号をつけて発信することでかけ放題が適用されます。
1回の通話が10分を超えてしまうと、10.8円/30秒の通話料が発生します。
・通話パック30:月々880円
1ヶ月30分までの通話料金が880円となるサービスです。
・スマート留守電:月々290円
留守電のメッセージがLINEで届くから、テキストでもメッセージ内容が確認できるサービスです。
・留守番電話:月々300円
電源が入っていない、電波の届かない状態の場合、かかってきた電話の伝言メッセージを預かってもらえます。
・割込通話:月々200円
通話中にかかってきた電話を受けることができるサービスです。
・TOKAI SAFE;月々400円(最大3ヶ月無料)
PCにスマホ、合わせて6台まで対応できるセキュリティサービスです。
・LIBMO端末補償:月々380円
・安心サポート:月々7,800円~
・雑誌読み放題「タブホ®」:月々500円(最大2ヶ月無料)
800誌以上の人気雑誌が毎月読み放題になるサービスです。
・追加SIMカード:月々120/1枚
契約のデータ容量は最大合計3枚のSIMカードでシェアすることができます。

LIBMOのお得なキャンペーン

LIBMOのお得なキャンペーン

LIBMO最新キャンペーン

キャンペーン内容:音声通話月額利用料から毎月600円最大6ヶ月間適用
キャンペーン期間:2018年9月3日(月)~2018年12月20日(木)※2019年1月31日(木)までに利用開始
対象者:音声通話機能付きSIMを申し込んだ方
対象プラン:全プラン(データシェアオプション含む)
キャンペーンの注意事項は3点。音声融和機能付きSIMを契約し、開通から12ヶ月以内に解約した場合は、契約解除料9,500円が発生してしまうこと。音声通話月間利用額料が日割り計算で600円未満となった場合、日割り金額が割引額の上限になること。データシェアオプションへの適用は、主回線の方にキャンペーンが適用されている場合に限ります。追加されたデータシェアオプション回線も対象外となることです。
<キャンペーン適応価格(6ヶ月間のみ)>
ライトプラン:月々580円、7ヶ月目以降1,180円
3GBプラン:月々980円、7ヶ月目以降1,580円
6GBプラン:月々1,580円、7ヶ月目以降2,180円
10GBプラン:月々2,380円、7ヶ月目以降2,980円
20GBプラン:月々4,080円、7ヶ月目以降4,680円
30GBプラン:月々5,980円、7ヶ月目以降6,580円
データシェアオプション:月々220円(6か月間)、7ヶ月目以降820円

LIBMO対応端末は種類が豊富!もちろんiPhoneにも対応!

LIBMO対応端末
LIBMOで使用する携帯端末の選び方は、今使用している端末を使用する、もしくはLIBMO取り扱い機種を利用する2パターンとなります。

携帯端末を継続して使用する場合

現在使用している携帯端末がSIMフリーもしくはdocomoで契約した端末であれば、SIMを入れ替えるだけですぐに利用が可能です。

一方、auとソフトバンクの端末の場合は、SIMロック解除の手続きが済んでいないとLIBMOのSIMは利用できません。

ちなみにSIMロックの解除の方法は、ショップに依頼するか自分でPCから申し込むかの2つです。依頼すると手数料3,000円程がとられますが、自分で手続きをすれば無料です。

各キャリアのホームページにて手順が公開されているため参考にするとよいでしょう。

iPhone対応モデル:iPhone5s以降
Android端末対応メーカー:ASUS・FREETEL・Fujitsu・HTC・Huawei・LG・Panasonic・SAMSUNG・SHARP・Sony Mobile Communications・ZTE・covia・VAIO
その他対応端末:タブレット、ルーター

新しい端末に切り替えたい場合

新しく端末を準備する場合は、LIBMOが取り扱っている機種から購入する方法がおすすめです。

新規契約できる端末は、スマートフォンにタブレット、ルーターまで多種多様な端末より選ぶことができるようになっています。

取り扱いスマートフォン機種

Zenfone5・Zenfone5Q・HUAWEI P20 lite・Priori 5・AQUOS sense lite SH-M05・HUAWEI nova lite 2・Zenfone4Max・Zenfone4Selfie・arrows M04・HUAWEI P9lite・arrowsM03・g07
タブレット:MediaPad T3・MediaPad T3 lite
ルーター:MP01LN・MR05LN

公式ホームページより各端末の詳細を確認することができます。

大手キャリアに劣らない快適な通信速度

LIBMOの通信速度
格安SIMに切り替えるか悩むポイントに、通信速度を上げる方が多くみられます。確かにここ最近アプリの種類も豊富になり、様々なアクションを楽しめるようになってきました。

格安SIMに切り替えたとたん急に通信速度が遅くなって、使い勝手が悪くなるのは困りますよね。そこでLIBMOの通信速度はどの程度なのか見てみたいと思います。

まずLIBMOが公式ホームページで公開している通信速度は、3~30GBのプランで契約した場合、下りが最大375Mbps、上り最大50Mbpsとなっています。

ちなみにデータ容量を超過してしまった場合は、最大128kbpsの低速に切り替わります。ライトプランの場合はデータ量無制限なのでずっと200kbpsとなっています。

他の格安SIMを提供している会社の下り速度の数値は、DMM mobileは500Mbps、IIJmioは788Mbpsです。この数値から見るとLIBMOの数値は劣っています。

しかしこれらの数字はあくまで理論上であり、実際に出るスピードは回線の利用者数によって大きく左右されます。

LIBMOの実際の下りの速度に関しては様々なデータが飛び交っていますが、利用者が多くなる平日の12時台でも3~5Mbpsは確保できるようです。

大手キャリアの実際に出る速度には到底及ばない数値ですが、この時間帯にこの数値程あれば通信速度は十分。問題なく使用することができるでしょう。

ちなみにLINEやメールを快適にできる速度は0.2Mbpsほど。ネットでサイトの閲覧には1Mbps、SNSを楽しみたい場合文字だけなら0.5bps、画像や動画を開く場合は1~2Mbpsほどの速度があれば問題ありません。YouTube等の動画を閲覧する場合も2Mbpsあれば十分楽しめます。

格安SIMの速度が遅くなりそうな時間帯に重たいデータのやり取りをしなければ、全く問題ないレベルでしょう。

LIBMOの料金や通信速度、対応機種まとめ

様々な格安SIMが出回っている中、LBMOはプラン料金が他社に比べて安く、通信速度も快適。iPhone愛用者でも切り替えられるという点が魅力となっています。

私たちの生活に欠かせないものとなっている携帯電話。毎月引き落とされる月額料金が少しでも安くなればいいと思いませんか?

高額な月額料金に悩んでいる方、どこの格安SIMで契約しようか悩んでいる方、ぜひLIBMOの格安SIMでの契約を検討してみてはいかがでしょうか。

格安simおすすめランキングTOP

-おすすめのsim会社pickup!

Copyright© 【格安sim完全攻略!】iphoneも使えるキャリア別おすすめsimフリー比較 , 2018 AllRights Reserved.