おすすめの格安sim比較

業界最速で料金も安い!格安sim「UQモバイル」の特徴やメリットを調査!

投稿日:2017年3月25日 更新日:

UQモバイルの料金や速度
スマホの料金を払うのが地味にキツい、出費を極力抑えたい。そんな皆さんにはUQモバイルへの乗換がおすすめです。

UQモバイルは業界トップクラスの通信速度を誇るサービスで、料金も安く、節約モードを使用すればネットを使い放題になるなど、メリットの多い格安simとなっています。

「料金は安くしたいけど、速度が遅いのは嫌。どの時間帯でも快適に使えるスマホが欲しい」
「電話番号を変更しなくて良い格安simを探している」

そんな皆さんにはぜひ、UQモバイルをお試しいただきたいと思います。このサービスに入会すれば、通信速度や料金その他の悩みからは完全に解放されるでしょう。

乗換先の参考にしていただければ幸いです。

通信速度は業界トップクラス?速度特化型格安sim「UQモバイル」の特徴や料金


UQモバイルは、WIMAX提供会社としても知られるUQコミュニケーションズが提供を行っている格安simサービスです。

スマートフォン本体とSIMカードをセットで購入することはもちろん、SIMカードのみを購入することも可能ですので、今お使いのスマートフォンをそのままUQモバイル端末として使用することができます。MNPを利用すれば電話番号の変更も不要です。

それではまず初めに、UQモバイルの基本情報をチェックしていきましょう。

UQモバイルの特徴
初期費用3,000円(スマホ本体を購入しない場合)
料金月額1,980円~3,980円
容量3GB~14GB
速度下り最大225Mbps
特徴通信速度は業界トップクラス、データ節約モード搭載、電話系のオプションが充実

UQモバイルはau系の格安simであるため、たとえば家族割があったり、電話系のオプションが充実していたりと、auと少し似たところがあります。

auユーザーにとってはわかりやすいサービスだと言えそうです。もちろんdocomoユーザーやSoftbankユーザーでも入会可能ですので、乗換先をお探しの方はUQモバイルへの入会をご検討ください。

ここからは、UQモバイルのメリットについて詳しくお話ししてまいります。

通信速度は業界トップクラス!混雑する時間帯でも快適にインターネットが使える

UQモバイルの速度
UQモバイル最大のメリットは、格安sim業界の中では間違いなくトップクラスに通信速度が速いということです。

理論上の数値である下り最大速度は225Mbpsと、可もなく不可もなくといった感じなのですが、注目すべきはスマホ使用時に出る実際の速度=実効速度です。UQモバイルはこの実効速度が、他のどの格安simよりも速いのです。

では具体的にどれくらいの速度が出るのかというと、

UQモバイル実効速度

朝 100Mbps前後
昼 50Mbps前後
夜 100Mbps前後

といった感じです。もちろん利用環境や地域によって速度は上下しますが、昼の最も混雑する時間帯であっても50Mbps前後と、他社を圧倒する通信速度を誇るのがUQモバイルです。

もともとUQモバイルは通信速度の速い格安simとして知られていましたが、最近ではより平均速度が高くなっており、現状、このサービスよりも通信速度の速い格安simは存在しないと言って良いレベルです。

ちなみに、他の格安simの通信速度はどれくらいなのかというと、回線が混雑しない時間帯には速くて50~70Mbps程度、混雑する時間帯にはどんなに速くても5~10Mbps程度です。

つまりUQモバイルの通信速度は、他社格安simの2~10倍程度速いということです。このサービスに入会すれば少なくとも通信速度のことで困ることはないでしょう。

50~100Mbpsという速度は、Youtubeの標準画質動画を見るのに必要な通信速度1Mbpsの50~100倍です。

最高画質の動画も問題なく見ることができますし、読み込みも速くイライラさせられることはありません。アプリ等のダウンロードも一瞬でしょう。それだけの通信速度が昼の12時台にも出るというのがUQモバイルのメリットであり、魅力です。

これまでスマホの通信速度の遅さにイライラさせられたことがある方や、お使いのスマートフォンが昼時には重くてまったく使えなくなってしまうという方には、ぜひご入会いただきたいサービスとなっています。

これを機にUQモバイルへの乗換をしてみてはいかがでしょうか。

UQモバイル速度について

料金詳細を解説!通話オプション加入&au ID登録で月々のデータ容量が増える?

まずは、UQモバイルの料金システムについて解説してまいります。言うまでもなく、このサービスの料金はauやdocomo、Softbankよりも安いです。

料金は以下の通りとなっています。

スマホプランSスマホプランMスマホプランL
GB数3GB9GB14GB
月額1,980円2.980円3,980円

※すべてデータ通信+音声通話機能付きプランの料金です

大手3キャリアのスマホのデータ容量は、月々20~30GB程度です。今お使いのキャリアスマホと同じようにスマホを使いたいのなら、スマホプランLに入会するのが良いでしょう。

キャリアスマホの料金は、データ容量を最大限まで使って大体月額8,000円前後です。それに対しUQモバイルは、月14GB丸々使っても月額3,980円と、半額以下の値段となっています。

もちろん使用できるデータ容量に違いはあるものの、今お使いのスマホで速度制限を経験したことのない方や、月10GB程度しかスマホを使わない方なら、UQモバイルに乗り換えた方が安上がりです。

また、他の格安simと比べても、これだけ通信速度の速いサービスで、かつ14GB:3,980円というサービスは中々ありません。通信品質やコスパで選ぶのならUQモバイル一択といったところでしょうか。

もしデータ容量をその月で使い切れなかったとしても、余ったデータ容量は翌月に持ち越せますので無駄がありません。

ネックとしては、月々のデータ容量がやや少ないことが挙げられますが、データ増量キャンペーンを利用すればそれもある程度は解決できます。

というのも、UQモバイルでは現在、電話オプション加入+au ID登録で月々のデータ容量が増加するキャンペーンが開催されているのです。

電話オプション一覧
国内通話かけ放題月額1,700円
国内通話10分かけ放題月額700円
月最大60分通話定額パック月額500円

au ID登録の仕方

①インターネットで「au ID」を検索し、公式サイトにアクセス
②トップページ右上に表示されている「新規登録」をタップ
③次のページでUQモバイル用の登録用QRコードを読み取り、登録手続きを行う

電話オプションは、3つのうちいずれか1つに加入すればOKです。そのうえでau ID登録をすれば月々のデータ容量が増加します。

どれくらい増えるのかというと、

スマホプランS月3GB→月4GB
スマホプランM月9GB→月12GB
スマホプランL月14GB→月17GB

なんと1GB~3GBものデータ容量を無料でもらうことができるのです。

注意点としては、このデータ容量は毎月自動で加算されるわけではないということ。ユーザー自らがデータ容量のチャージを行う必要があります。

データチャージの仕方やシステムにつきましては、UQモバイル注意点の章でご紹介いたしますので、そちらも併せてご確認いただければ幸いです。

データ節約モードを搭載!低速通信に切り替えれば残りのデータ容量を温存できる

データ節約モード
UQモバイルには「データ節約モード」という低速通信モードが搭載されています。

このデータ節約モードをONにすることで、月々のデータ容量を消費せずに、ほぼ無制限にインターネットを使用することが可能です。

普段からこのデータ節約モードをONにしておき、必要な時にだけ高速通信に切り替えることで、データ容量を節約することができます。

では、このデータ節約モードをONにしたときの通信速度はどれくらいなのかというと、下り・上りそれぞれ300Kbpsです。

300Kbpsとは、Youtubeの標準画質動画を見るのに必要な通信速度1Mbpsの約3分の1の速度。したがって、動画を閲覧したり、アプリをダウンロードしたりすることは難しくなります。

その代わり月々のデータ容量は消費されなくなりますので、データ容量の節約になるというわけです。

300Kbpsという速度は遅いには遅いのですが、たとえばTwitterやFacebook、LINEなどを使用するぶんには充分な速度です。SNSの使用や知人、友人との連絡には困らないでしょう。

このようにUQモバイルは高速通信3GB~14GBに加え、低速通信モードが搭載されている格安simなのです。

実質的にはインターネットを無制限に使えるサービスだと言っても過言ではありません。この低速モードの利用に追加料金はかかりませんので、普段からぜひ活用していきたいところです。

電話系のオプションが充実!仕事用のスマートフォンとしても大活躍

通話オプション
先ほど軽く触れましたが、UQモバイルは電話系のオプションが充実しているサービスとなっています。

格安simの中には、電話系のオプションがほとんどない、あってもコスパがそれほど良くないというものも多いです。

しかしUQモバイルには様々な電話オプションが用意されているため、家族や友人、恋人と長電話をすることがあるという方や、仕事柄電話を使うことが多いという方にもぴったりです。

ここでは各種電話系オプションの内容や料金、使い道について、詳しく解説してまいります。

国内通話かけ放題 月額1,700円
こちらのオプションは、文字通り国内の通話が完全定額となる素晴らしいオプションです。何回かけても、何分話しても料金は1,700円固定。たとえば毎日友達と1時間、月に30時間通話を行ったとしても料金は1,700円です。また、仕事などで5分程度の短い電話を100回、200回と行ったとしても、料金は変わらず1,700円。これほど太っ腹な電話系オプションも珍しいでしょう。スマートフォンを「電話」として使用することが多い方におすすめです。
国内通話10分かけ放題 月額700円
国内通話10分かけ放題は、電話をかける「回数」が多い方におすすめのオプションです。国内通話なら、月に100回、200回と電話をかけても、通話時間が10分以内である限り料金が月額700円固定となります。営業やフリーランスなど、個人的な携帯電話を使って取引先と連絡を取り合うことの多い方は、こちらのオプションをつけたほうが良いでしょう。
月最大60分通話定額パック 月額500円
こちらは、通話をする「時間」に着目したオプションです。毎日電話を使うことはないけれど、たまに長電話をすることがある。そんな方にぴったりのオプションとなっています。たとえば、30分の通話なら月500円で2回することができますし、20分の通話なら同額で月3回、10分の通話なら月6回することが可能です。料金も安いので、こちらは学生や新社会人の方におすすめとなっております。
電話基本パック 月額380円
電話基本パックは、留守番電話サービスや三者通話サービス、迷惑電話撃退サービスがセットになったオプションです。相手からの伝言を受け取ったり、知人、友人と同時に通話をしたりする方にはもちろん、迷惑電話をシャットアウトしたい方にもおすすめです。こちらのオプションは逆に、スマホの電話機能をあまり使わない方にぴったりだと言えます。留守番電話サービスをつけていないと、重要な取引先等からの連絡を放置してしまう可能性がありますよね。電話をあまり使わない、知らない番号には掛け直すこともほとんどないという方は、こちらのオプションをつけておいた方が無難です。

この他にもUQモバイルには、着信転送サービスや割込通話サービス、番号通知リクエストサービス(すべて基本無料)などのオプションが用意されています。電話系オプションが非常に充実していることはお分かりいただけるでしょう。

今お使いのスマートフォンを今と同じように使いたい、あるいはより便利にカスタマイズしたい、そんな方にもUQモバイルはおすすめです。

電話系以外にも魅力的なオプションが多数!セキュリティや端末補償も充実

前項では電話系のオプションについてお話しいたしましたが、ここではそれ以外の魅力的なオプションの数々をご紹介いたします。

UQモバイルには現在、以下のオプションが用意されており、スマホを自分好みにカスタマイズすることが可能です。

その他おすすめオプション
・スマホ等の操作や設定を遠隔サポートしてもらえるUQあんしんサポート(月額350円)
・電話帳や写真、動画など端末内のデータをクラウド上に保存できるクラウドバックアップ(月額300円)
・端末の個人情報へのアクセスを検知しアラートで報せてくれるUQ SNSセキュリティ(月額350円)
・UQモバイルで購入したAndroid端末の故障に対応してもらえる端末補償サービス(月額380円)
・UQモバイル以外で購入したスマホ本体の修理や有償交換をしてもらえるつながる端末保証(月額500円)
・月々のデータ容量が7GB増加する増量オプション(月額500円)
・会員制のWi-Fiサービスが使用可能になるギガぞうWi-Fi(月額150円)

非常に魅力的なオプションが多いんですよね。その中でも注目は増量オプションとギガぞうWi-Fiです。

これらのオプションを駆使すれば、月々のデータ容量を増やしたり、あるいはデータ使用量を大幅に削減したりすることができるようになります。

まずは増量オプション。増量オプションは月額500円でデータ容量を7GB増量することができるオプションなのですが、これは赤字にならないのか心配になるレベルの安さです。

たとえば、この増量オプションに加入せず、通常の手順でデータ容量買い増しを行う場合、データ容量の価格は500MB当たり500円となっています。

それと同じ価格で、500MBの14倍に当たる7GBものデータ容量を手に入れられるわけですから、破格と言ってよいレベルです。

他の格安simを見ても、たった500円で7GBもの増量を行えるサービスはありません。業界トップクラスにコスパの良いオプションだと言えるでしょう。

このオプションはスマホプランS、M、Lのすべてに追加可能となっており、加入することで使用可能なデータ容量は月10GB~21GBとなります。UQモバイルに入会するのなら、この増量オプションは必ずつけておきたいところです。

続いてはギガぞうWi-Fi。これは月額150円で全国10万ヵ所のWi-Fiスポットを使用可能になるオプションです。

サイズの大きなアプリのダウンロードや長時間の動画視聴をこのWi-Fiを使ってすることにより、月々のデータ容量を節約することが可能です。

都市部にお住まいの方にはおすすめのオプションとなっています。

学割や家族割を利用すれば月々の料金がもっとお得に!

学割 家族割
先述した通り、UQモバイルには学割や家族割などの各種割引制度が用意されています。

特に学割は非常にお得で、18歳未満ならぜひとも活用したい制度です。お子さんのためにスマートフォンを購入するという方にもおすすめですね。

各種割引制度の割引学や適用条件は以下の通りです。

本来の料金学割家族割
スマホプランS月額1,980円月額980円月額1,480円
スマホプランM月額2.980円月額1,480円月額2,480円
スマホプランL月額3,980円月額2,480円月額3,480円
適用条件-18歳未満であることを証明する書類を提出するだけでOK。学生でなくとも適用可。同世帯内の2台目以降のUQモバイル料金が500円引き。家族証明書類を提出すれば遠方に住む家族のスマホにも適用可。

ご覧の通り、学割は月々の料金が1,000円値引きされる非常にお得な割引制度となっています。

適用条件は18歳未満であること、中学生でも高校生でも、あるいはすでに社会に出て働いている方であっても、18歳未満であることを証明すれば適用可能です。

他方、家族割は同世帯内の「2台目以降のUQモバイルスマホ」の料金が500円引きになるシステムとなっています。

1台目のUQモバイルスマホの料金には割引が適用されませんが、妻や夫、祖父母、子供が契約した2台目以降のUQモバイルスマホには月500円の割引が適用されます。

もし子供がすでに独り立ちをして遠方に暮らしていたり、祖父母とは住んでいる地域が違ったりしても、血縁関係を証明する書類を提出すれば家族割が適用可能です。

UQモバイルにはGPS機能を駆使した見守りサービスもありますし、子供や祖父母にUQモバイルスマホをプレゼントするのも良いかもしれません。

au回線を使用しているから全国どこでも繋がりやすい!

UQモバイル au回線
UQモバイルは、au回線を使用しています。通信速度においては本家に劣るものの、繋がりやすさに関しては全く同じです。そのため、日本全国どこでも繋がりやすく、地方在住の方でも安心して利用できます。

ちなみにau回線は、日本全国99%を網羅する広いネットワークとなっていますので、たとえば地下や山奥でもない限りは問題なくインターネットを使用することができるでしょう。

都市部の方だけでなく、地方在住の方にもおすすめしたいサービスです。

契約期間の縛りナシ!いつでも解約金なしで自由に解約できる

UQモバイルは、2019年9月までは契約期間と解約金を設定していました。

「契約から1年以内に解約を行った場合は9,500円の解約金が発生する」

などといったシステムを採用していたのです。しかし、2019年に総務省が解約違約金は1,000円を上限とするという指針(https://japan.cnet.com/article/35138687/)を打ち出したことにより、UQモバイルを含む各スマホキャリアでは解約金の値下げや撤廃が進められました。

現在、UQモバイルには契約期間の定めや、解約金といったシステムは存在しません。いつでも自由に、無料で解約をすることが可能です。

たとえば、契約から2、3ヶ月ですぐに解約することもできますし、1年、2年と経ってから解約することも可能で、その際に違約金等は一切発生しません。

ただし、UQモバイルから他社へ乗り換えるときに、MNP転出(今使っているスマホの電話番号を乗換先でも使用するための手続き)を行うと手数料が発生します。

金額は3,000円とそれほど大きくなく、またこの手数料はどのサービスにおいても徴収されるものなのですが、電話番号の引継ぎを行う場合には手数料がかかるということは一応頭に留めておいたほうが良いでしょう。電話番号の引継ぎをしない場合には、手数料は一切発生しません。

なお、auやdocomo、SoftbankのMNP転出の仕方については、UQモバイル入会の際の注意点の章で解説いたします。そちらも併せてご確認ください。

UQモバイルに入会する際の注意点!MNP転出やデータチャージの方法

ここからはUQモバイルに入会する際の注意点や、利用上の注意点をご紹介いたします。

UQモバイルはサポートの充実しているサービスですので、ここに書かれていること以外に何かわからないことがありましたら、UQモバイルのサポートページを閲覧するか、問い合わせ窓口から電話、メールをしてみてください。

まずはauやdocomo、Softbankからの乗換時に必要なMNP転出の仕方についてお話しいたします。

MNP転出、予約番号発行の仕方とは?

UQモバイル MNP
MNP転出とは、スマートフォンの電話番号を乗換先でも引き続き使用するために必要な手続きのこと。急に電話番号が変更になると、家族や仕事先の人たちとの連絡に困ってしまう可能性がありますよね。

そこで各スマホ会社では、乗換先でも引き続き同じ電話番号を使えるシステムを提供しており、それが携帯電話番号ポータビリティ=MNPと呼ばれるものです。

電話番号の引継ぎを行うには、今使っているスマートフォンの運営会社に連絡を行い、MNP予約番号というものを発行してもらう必要があります。

その予約番号を使って乗換先(この場合UQモバイル)に入会すると、前のスマホで使っていた電話番号を引き続き使用することが可能となります。

MNP予約番号発行の仕方は以下の通りです。

au
方法①:予約番号受付窓口(0077-75470)に電話する。
方法②:auの公式サイトMy auで取得する。
方法③:auショップに来店し予約番号の発行をお願いする。
※予約番号の発行自体は無料、乗換完了時に3,000円の手数料が発生。
docomo
方法①:予約番号受付窓口(スマホ151、一般電話0120-800-000)に電話する。
方法②:docomo公式サイトMy docomoで取得する。
方法③:docomoショップに来店し予約番号の発行をお願いする。
※予約番号の発行自体は無料、乗換完了時に2,000円の手数料が発生。
Softbank
方法①:予約番号受付窓口(スマホ*5533、一般電話0800-100-5533)に電話する。
方法②:Softbank公式サイトMy Softbankで取得する。
方法③:Softbankショップに来店し予約番号の発行をお願いする。
※予約番号の発行自体は無料、乗換完了時に3,000円~5,000円の手数料が発生。

こうしてMNP予約番号を受け取りましたら、次にMNP転入という作業をしなければなりません。

乗換先の格安sim運営会社に予約番号を伝えることで、電話番号の引継ぎが完了します。

MNP転入の方法は実に簡単で、UQモバイル入会時にMNP予約番号を入力するだけでOK。イメージとしては、クレジットカードの情報を入力するのと同じような感じです。

MNP転出はやや面倒に感じられるかもしれませんが、MNP転入に関しては特に面倒もなく、困ることもないと思います。

なお、予約番号の発行自体にお金はかかりません。その予約番号を使って他社への乗換が完了した時点で、手数料が発生する仕組みとなっております。

MNP転入が完了しない限り手数料は発生しませんし、予約番号の発行は何度でも行えますから、失敗しても大丈夫です。

UQモバイルに入会申込をする前に、まずは予約番号発行の申請を行いましょう。

機種によってはSIMロック解除が必要な場合も?

simロック解除
UQモバイルは、他社のスマホ本体も使うことができるサービスです。

たとえば、auやdocomoで購入したスマホであっても、UQモバイルのSIMカードを挿し込めばそのままスマホを使うことができます。前述の通り、MNP転出入を行えば電話番号も変わりません。

しかし、お使いのスマートフォンの機種によっては、他社SIMカードの利用が不可となる「SIMロック」がかかっている可能性もあり、その場合にはSIMロックの解除を行わないと、UQモバイルに乗り換えることができません。

最近ではSIMフリーの機種も増えてきましたが、SIMロック有りの機種もまだ市場に残っていますので、充分注意が必要です。

SIMロック解除の方法は以下の通りです。

au
方法①:SIMロック解除受付窓口(0120-590-057)に電話する。
方法②:auの公式サイトMy auで解除の申込を行う。
方法③:auショップで解除をしてもらう。
※auとの回線契約を行っていない場合は、方法③での申込(手数料3,000円)となります。
docomo
方法①:SIMロック解除受付窓口(151)に電話する。
方法②:docomoの公式サイトMy docomoで解除の申込を行う。
方法③:docomoショップで解除をしてもらう。
※電話もしくはdocomoショップでの解除には3,000円の手数料がかかります。
Softbank
方法①:Softbank公式サイトMy Softbankで解除の申込を行う。
方法②:Softbankショップで解除をしてもらう。
※Softbankショップでの解除には3,000円の手数料がかかる場合があります。

このようになっています。最も確実なのは、お近くのケータイショップに行って解除の申込を行うことです。操作はすべてショップ店員がやってくれますので、特に面倒なことはありません。

ただし注意していただきたいのは、いずれのキャリアでも新規契約から100日以内だとSIMロックの解除ができないということと、スマホ本体を分割払いで購入した場合、残りの代金を一括で支払う必要があるということです。

また、解約のタイミングによっては解約金が発生することもありますのでご注意ください。

データ容量を補充!UQモバイルのデータチャージの仕方

UQモバイルのデータチャージ方法
UQモバイルでは現在、データ容量の増量キャンペーンが開催されています。これは先述した通り、au ID登録&電話系オプション加入で1GB~3GBのデータ容量が無料となるキャンペーンです。

しかしこのキャンペーン、実は毎月無料で、自動でデータ容量が加算されるというものではありません。実際には、1GB~3GBの「データ容量買い増し=データチャージ」が無料になるキャンペーンなのです。

UQモバイルには、月々のデータ容量が0になってしまったときに、高速通信を追加購入できるシステム=データチャージが実装されています。

このデータチャージの料金は500MB:500円なのですが、データ増量キャンペーンはこのデータチャージ料金が1,000円~3,000円OFFになるというものです。

たとえば、スマホプランLに入会し、データ増量キャンペーンが適用された場合、月々のデータ容量が3GB増えることになりますが、これはデータチャージが3GBまで無料になるということ。

500円×6=3,000円分のデータチャージ料が無料になるだけで、プランごとのデータ容量それ自体が増えるわけではありません。

そのため、このデータ増量キャンペーンの恩恵を受けるには、毎月利用者本人がデータチャージを行う必要があります。

データチャージの仕方はとても簡単で、

①UQモバイルのポータルアプリを開く
②画面下の「データチャージ」をタップする
③購入するプランを選択し、確定する

だけでOKです。この手順でデータチャージを行ったときの料金が、1,000円~3,000円OFFになるというのがこのキャンペーンのシステムとなります。

スマホプランSなら1,000円OFFで1GB無料、スマホプランMとLなら3,000円OFFで3GB無料ということです。

では、データ増量キャンペーンの要件を満たしている状態で、データチャージを忘れてしまったらどうなるのかというと、このキャンペーンの恩恵を受けられません。

月々のデータ容量は増えませんし、月額料金自体が割引になるものでもないため、金銭的にも何ら得をしないのです。

データ増量キャンペーンの恩恵を受けるには、「毎月データチャージが必要」と覚えておいてくださいね。

なお、データチャージで購入したデータ容量には90日間の使用期限があり、スマホ使用時にはデータチャージ分が優先的に消費されます。

スマホをまったく使わないようだと、せっかくチャージしたものが無駄になってしまいますので、毎月データ使用量を確認しながら、増量分が期限切れにならないよう、計画的にデータ消費を行っていきましょう。

直近3日で6GBの通信を行うと速度制限がかかる!

これはUQモバイル入会後の注意点です。UQモバイルには「直近3日で6GBの通信を行うと速度制限がかかる」というルールがあります。

たとえば高画質動画を丸一日視聴し続けたり、データサイズの大きなアプリやゲームをダウンロードしたりして、3日間で6GBの通信を行った場合には、通信速度が200Kbps以下に制限されてしまうのです。

この6GBルールは、スマホプランS、M、Lすべてに適用されます。たとえば、スマホプランLのデータ容量は月14GBですが、仮にデータ容量を使い切っていなかったとしても、3日で6GBの通信を行うと速度制限がかかるのです。

速度制限のルール

例1
スマホプランLのデータ容量14GBのうち、6GBを3日で使用。

データ容量は8GB余っているが、それでも速度制限がかかる。例2
スマホプランS(3GB)に入会し、4GBのデータチャージを行った状態で、6GBを3日で使用。

データ容量は1GB余っているが、それでも速度制限がかかる。

このように高速通信が余っていたとしてもこのルールは適用されますし、データチャージで上乗せした分も対象となります。

制限が解除されるのは、「直近3日のデータ使用量が6GBを下回った日の翌日」です。直近3日とは、0~24時までを1日とする前日までの直近3日間を意味します。

こちらも具体的な例を見ていきましょう。

速度制限のルール

例1
1日目に4GB、2日目に1GB、3日目に1GB使用した場合。

5日目には直近3日のデータ使用量が2GB。その翌日に速度制限が解除されるため……

速度制限が解除されるのは6日目。速度制限期間は約2日間。例2
1日目に6GBすべてを使い切った場合。

2日目~4日目は直近3日のデータ使用量が6GBのまま。直近3日で6GBを下回った日の翌日に制限が解除されるため……

速度制限が解除されるのは6日目。速度制限期間は約4日間。

となります。1日で6GBすべてを使い切ってしまった場合、速度制限期間が結構長くなってしまうことがお分かりいただけるでしょう。

高画質動画を毎日5時間、10時間と見ていると、6GBくらいは簡単に消費できてしまいますので、データ使用量には充分ご注意ください。

UQモバイルの評判は良い?実際の利用者の声、口コミ評判を調べてみた!

それではここで、UQモバイルの口コミ評判をご紹介したいと思います。SNSや口コミサイトに投稿されていたものをまとめてみました。

20代男性

中学生の頃に初めてスマホを買ってもらったのですが、プラン変更等を一切してこなかったため、古くてあまりお得でないプランのままスマホを使い続けてしまっていたようです。損をしている期間が長かったので、何とか取り返せないかなぁと色々調べているうちにUQモバイルのことを知りました。安いし通信速度も速く、これしかない!と思ってキャリアスマホから即乗換。月々の料金はかなり安くなりましたし、通信速度も爆速で満足しています。電話系オプションも充実していてビジネス用としても申し分なさそうです。

20代男性

使っている機種が古いせいなのか何なのか、昼時に通信速度が著しく遅くなり、まともに動画も見られないという状況が続いていました。仕事の休憩時間中、何も楽しみがなく、もう通信速度のことでは悩まされたくないと藁にも縋る思いで行き着いたのがUQモバイルです。実際に使ってみて本当にびっくりしました。12時台でも平気で20~50Mbpsくらいの速度が出ます。データ増量キャンペーンや節約モードなど、速度以外のメリットも多し。格安simの中では最もクオリティの高いサービスでは?と考えております。

20代男性

スマホ料金を何とか安くしたいと思ってUQモバイルに入会しました。自分は大学生の時に奨学金を借りたため、それを返さなければなりません。1円でも多く削るためにはスマホ料金も何とかする必要があると思い、格安simへの乗換を行いました。最初は通信品質の面に不安がありましたが、UQモバイルは評判通り通信速度が非常に速く、電話番号やスマホ本体を変更する必要もなく助かりました。これだけ速くて料金はキャリアスマホの半額くらい。本当に凄いと思います。

以上、UQモバイルの口コミ評判をご紹介いたしました。全体的に高評価が多く、やはり通信速度の速さを称賛する内容の口コミが多かったですね。

料金面やキャンペーン、オプションの充実度など、いずれの部分においても高評価を獲得している珍しいサービスです。

格安スマホ【UQモバイル】の料金や速度、最新口コミまとめ

格安スマホ【UQモバイル】の料金や速度、最新口コミまとめ
いかがでしたでしょうか。UQモバイルが非常に優れた格安simであることはお分かりいただけたのではないかと思います。

通信速度や料金、キャンペーン、オプションの充実度、どれを取っても業界トップクラスのクオリティです。

ここでUQモバイルの基本情報をおさらいしておきましょう。

初期費用3,000円(スマホ本体を購入しない場合)
料金月額1,980円~3,980円
容量3GB~14GB
速度下り最大225Mbps
特徴通信速度は業界トップクラス、データ節約モード搭載、電話系のオプションが充実

通信速度で選ぶのなら、現状UQモバイル一択といった感じです。もし皆さんが通信速度を重視するのなら、UQモバイルに乗り換えるのが良いでしょう。

ぜひ公式サイト(https://www.uqwimax.jp/mobile/)にアクセスしてみてください。

-おすすめの格安sim比較

Copyright© 【おすすめ格安sim2020】携帯料金が半額以下!格安sim簡単乗り換えマニュアル , 2020 AllRights Reserved.