格安simに乗り換えたい方必見!おすすめランキングや乗り換えの手順を公開!

格安simおすすめ比較
最近話題の格安SIM

コマーシャルなどで頻繁に目にするようになったこの新たなサービスですが、具体的にどういったものかわからず、安心して利用できるのかも分からないため利用をためらっている、あるいは考えていないという方も多いのではないかと思います。

たしかに、CMなどで伝えられる情報が限られているからでしょうか、格安SIMはその安さばかりがアピールされ、そもそもどういったサービスなのか、安心して利用できるかなどの点が不明瞭となっているケースがほとんどです。

では、格安SIMとはいったいどのようなサービスなのか?初めての方でもわかりやすいように、解説していきます!

格安simおすすめランキング2020!

格安sim総合ランキング
UQモバイル

CMでおなじみの格安スマホ「UQモバイル」

注目ポイントは何と言っても通信速度!業界TOPクラスのスピードと、格安スマホならではの低価格で全国的に人気上昇中!

選ばれている「ぴったりプランS」なら、1,980円/月でスマホが使えちゃう!

迷ったらとりあえずUQモバイルです!

通信速度
★★★★★
  • au回線
  • iPhone8/8Plus
  • iPhoneX
  • データ翌月繰り越し
  • 低速・高速切り替え
  • SNSデータ消費ゼロ
  • かけ放題
  • 家族割

データ通信専用

音声通話機能付き+無料通話付き

mineo

業界最安値との呼び名が高いsimフリーキャリア「mineo(マイネオ)」

au、ドコモと2つのプランがあり、ご都合に合わせた価格設定が可能となっています!

今ならデュアルプランを選んでいただくと、今なら6ヶ月間710円で利用できちゃう!

通信速度
★★★★☆
  • au回線
  • docomo回線
  • iPhone8/8Plus
  • iPhoneX
  • データ翌月繰り越し
  • 低速・高速切り替え
  • パケットシェア
  • かけ放題
  • 家族割

音声通話付き

データ通信専用

OCNモバイル

月額料金が圧倒的に安い「OCN モバイル ONE」!ドコモと同じ通信・通話エリアなので、ストレスなく快適にご利用できます!

10分かけ放題が付いて最安値は¥1,600からOK!もちろんiphoneも利用可能!

余ったデータは来月に繰り越しも出来ちゃう!

通信速度
★★★★☆
  • docomo回線
  • iPhoneSE
  • iPhone6/6Plus
  • iPhone6s/6sPlus
  • iPhone7/7Plus
  • iPhone8/8Plus
  • iPhoneX
  • データ翌月繰り越し
  • かけ放題
  • 家族割
QTモバイル

3キャリア(docomo、au、softbank)対応!6GBプランが990円/月で利用できる「QTモバイル」!

現在使用中のスマホをそのままQTモバイルでも使用可能なので、新たに端末を購入する必要もありません!

さらに今なら、抽選で10,000円分の商品券が当たるキャンペーン開催中!

携帯料金をとにかく安く抑えたい!それならQTモバイルがピッタリです!

通信速度
★★★★☆
  • au回線
  • docomo回線
  • iPhoneSE
  • iPhone6/6Plus
  • iPhone6s/6sPlus
  • iPhone7/7Plus
  • iPhone8/8Plus
  • iPhoneX
  • データ翌月繰り越し

おすすめプラン

13ヶ月目以降プラン

楽天モバイル

ネットショッピングやクレジットカードでお馴染みの楽天が、格安SIM業界に「楽天モバイル」として参入!

知名度もさることながら、リーズナブルな料金や豊富な機種を取り揃えた事で、一躍人気の一角に躍り出ました!

楽天モバイル最大の特徴は、月々の料金支払い100円につき1ポイント、楽天ポイントが貯まるということでしょう。

スーパーホーダイプランなら、キャッシュバックもあってかなりお得ですよ!

通信速度
★★★★☆
  • au回線
  • docomo回線
  • iPhone8/8Plus
  • iPhoneX
  • データ翌月繰り越し
  • 低速・高速切り替え
  • パケットシェア
  • かけ放題
  • 家族割

スーパーホーダイ

組み合わせプラン 音声通話対応

組み合わせプラン データ通信

口コミで人気の格安sim徹底比較!

料金(最安値) 通信速度(5段階評価) キャリア キャッシュバック 申し込み
UQモバイル
UQモバイル
1,980円/月 ☆☆☆☆☆ au系 最大9,500円 申し込みはコチラ
mineo
mineo
1,310円/月 ☆☆☆☆ 3キャリア対応 申し込みはコチラ
楽天モバイル
楽天モバイル
1,480円/月 ☆☆☆☆ docomo系、au系 申し込みはコチラ
lineモバイル
LINEモバイル
845円/月 ☆☆☆☆ 3キャリア対応 申し込みはコチラ
ocnモバイル
OCNモバイル
1,180円/月 ☆☆☆ docomo系 申し込みはコチラ
QTモバイル
QTモバイル
990円/月 ☆☆☆☆ 3キャリア対応 商品券10,000円分(期限あり) 申し込みはコチラ
LIBMO
LIBMO
580円/月 ☆☆☆☆ docomo系 申し込みはコチラ
トーンモバイル
トーンモバイル
1,000円/月 ☆☆☆ docomo系 申し込みはコチラ
U-mobile
U-mobile
790円/月 ☆☆☆ docomo系 申し込みはコチラ

格安SIMを使う上でめちゃめちゃ重要!APN設定を忘れてはいけない!

格安simのAPN設定
キャリア決済など一部のサービスが使えない、通信速度が大手に比べて少し遅いなど一部のデメリットこそあれど、大手キャリアと同様の回線が使えて料金は半額以下で利用可能等のメリットも多い格安SIM。

現在では、格安SIMもプライベートで使う携帯として候補に入るのは当たりと言っても過言では無い程に市民権を得ました。

しかし、格安SIMも良い事ばかりではなく、格安SIMならではの落とし穴もあります。先程述べたデメリットも当然挙がりますが、今回挙げたい落とし穴はAPN設定です。

APN設定は格安SIMを使う上では無視してはいけない重要ポイントなのですが、意外にもスルーしてしまう人が多いです。

これからAPN設定について解説を行っていきますが、同時にAPN設定を実際に行う事になった場合はどの様に行動すれば良いのかも解説します。

格安SIMの利用を検討中の方がいれば、まずは参考までに見ていってくれると幸いです。

APN設定とはそもそも何?これをしなかったらどうなるの?

APN設定とは
まずは基本中の基本である、APNについて解説していきましょう。

APNとは「Access Point Name」の略名です。簡単に言えば、SIMの回線でインターネットをする為に必要な窓口と思ってくれていいです。

APN設定をする事で回線側が端末を認識して電波を提供、端末側も回線が認識してくれたので電波を拾ってインターネットが出来るようになるとスマホに限らず、SIMカードを挿入してインターネットを使う機器では絶対に設定しておかないといけない程重要な要素です。

APN設定をしない限りは、その端末が白ロム(ネットワーク制限が無い状態)であろうと月額料金を毎月ちゃんと支払っていてSIMカードが有効な状態だとしても、インターネットをその端末で行う事は永遠に出来ません。

APN設定は携帯会社の方ではやってくれないの?

APN設定は、契約している携帯会社の方でやってくれるか否かで言えばやってくれます。但し、大手キャリアと契約していて端末もキャリアショップで購入していればの話です。

所謂ドコモ・au・ソフトバンクは、購入してお客様へと提供される時点で既にAPN設定は完了しています。

また、各キャリアのオンラインショップで端末だけの購入した場合でも、既に端末側でAPN設定も完了済みとなっているので、SIMカードを差し替えるだけでそのまま使う事は出来ます。

一方で格安SIMはどうなのか?と言うと、やってくれないのが大半です。一部のSIMフリー端末だと、格安SIMでも大手の所は設定済みの無くは無いですが、手動設定が未だに多いです。

格安SIMでも、SIMカードと端末のセット売りしている公式オンラインショップはありますが、大手キャリアと違って本当にセット売りと言う感じで、APN設定をしてくれている方が珍しい方です。

使っている回線こそ大手キャリアと同じでも別会社である事に変わりないので、キャリアで設定しているAPN設定をそっくりそのまま使う事はまず無理です。

格安SIMを購入したら、APN設定はどの端末でも手動でやる必要があります。

APN設定はiPhoneとAndroidで違うの?

APN設定の違い
APN設定をする事に納得しても、今度は端末によって違うのか?と疑問が出てくるでしょう。

特に現在では利用者数も多いiPhoneとAndroidだと、APN設定も手順が違うと思うでしょう。
結論から言えば、その疑問は正解です。

同じAPN設定でも、iPhoneとAndroidでは手順が似ているようで異なる部分が多いです。

iPhoneのAPN設定の手順

iPhoneのAPN設定を行うには、端末内にある「設定」を選択します。そこから「モバイル通信」を選択、そのまま「通信のオプション」へと飛びます。

ここからは利用業者によって「Cellular Network」もしくは「モバイルデータ通信ネットワーク」のどちらかが表示されますが、基本的にはどちらも同じです。

後は契約している格安SIMが用意しているAPN設定に基づいて、情報を入力していきます。

入力完了後に4G等のマークが表示されればAPN設定は完了、その端末でSIMカードを使ってのインターネットが可能になります。

AndroidのAPN設定の手順

AndroidのAPN設定もiPhone同様に、「設定画面」から行います。設定画面を選択後、その他の項目内にある「モバイルネットワーク」を選択します。その中に「アクセスポイント名」の項目があるので、こちらでAPN設定を行います。

後はiPhoneと同様に、契約している格安SIMが用意しているAPN設定に基づいて情報を入力していきます。

こちらも入力完了後に4G等のマークが表示されればAPN設定は完了、その端末でSIMカードを使ってのインターネットが可能になります。

同じ格安SIMでも業者によって手順は違うの?

大まかな手順事態はどの格安SIM業者でも違いはありませんが、細部では違う部分はあります。

今回は、格安SIM業者の中からmineo・楽天モバイル・LINEモバイル・UQモバイルに絞って解説していきます。

同じ格安SIM業者と言えど、他所で出来たからと言って同じ感覚で行うのは要注意です。

mineoのAPN設定

mineoのAPN設定

iPhoneの場合

mineoで契約し、使う端末がiPhoneの場合には、プロファイルを先にダウンロードしておきます。

mineoではドコモ・au・ソフトバンク向けにプランが提供されており、各プラン用のプロファイルも用意されています。

各プロファイルへアクセス出来るようにHPにQRコードが掲載されているので、コードを読み取って設定する事が可能です。

仮に使用する端末にQRコードが無ければ、Safariからダウンロード可能なURLも用意されているので、こちらからダウンロードが可能です。

プロファイルのダウンロード完了後は「閉じる」を押し、設定画面へと移動します。その中に「プロファイルがダウンロードされました」の表示があれば選択、プロファイルをインストール画面が開きます。

右上端に「インストール」の文字があるので、この文字を選択して設定に入ります。そこでパスコード4桁(iPhone起動時の暗証番号)の入力が求められますが、設定していなければ入力を無視して進められます。

最後に警告画面が表示され、内容を理解したならインストールを選択します。インストール完了後は右上端に「完了」と表示されるので、こちらを選択して終了です。

Androidの場合

設定を選択後、モバイルネットワーク内にある「高度な設定」を選択します。その中にある「CPA設定」を選択、こちらでAPN設定を行います。

基本的には契約時にAPN設定に関する情報は提供してくれていますが、HPでも確認可能です。一部任意入力の物もありますが、下記の情報は必須入力です。

必須入力項目

APN :mineo.jp(Aプラン)、mineo-d.jp(Dプラン)、mineo-s.jp(Sプラン)
ユーザー名:mineo@k-opti.com
パスワード:mineo
認証タイプ:CHAPを選択

入力完了後に「保存」を選択、最後に「CPA 接続」もしくは「設定を有効にする」にチェックを入れて設定は完了です。

楽天モバイルのAPN設定

楽天モバイルのAPN設定

iPhoneの場合

設定を選択し、モバイル通信の中にある「通信のオプション」を選択します。その中の「音声通話とデータ」を選択、2G・3G・LTE VOLTEオン・オフの中から対応している物を選択します。

LTE VOLTEオンを選択すると警告のポップアップが出るのもありますが、OKを押して進みます。

設定完了後はモバイル通信へと一旦戻り、「モバイルデータ通信ネットワーク」を選択します。このページ内にある「モバイルデータ通信」と「インターネットの共有」の項目内にあるAPNの項目で「rakuten.jp」を入力します。

入力が完了したら再びモバイル通信へと戻り、インターネット共有でオフと表示されていれば設定は完了です。

Androidの場合

設定を選択し、その他のページ内にある「モバイルネットワーク」を選択します。選択後に「アクセスポイント名」を選択してAPN設定へと入ります。

一部のSIMフリー端末だと、既に楽天モバイルはAPN設定済みのもありますが、無い場合には「メニュー」を選択して新たに設定する必要があります。

選択後に「新しいAPN」の表示が出るので、選択してAPN設定へと入ります。選択後はアクセスポイントの編集画面へと移り、こちらでAPN設定を行います。

入力必須情報として下記の情報を入力します。

入力必須項目

名前:rmobile
APN・ユーザー名・パスワード:契約時に貰った物を入力(分からない場合は添付台紙もしくはメンバーズステーションで確認可能)
認証方法:PAPまたはCHAP

基本的には設定する事はありませんが、接続方法とIP接続も場合によっては設定する必要があります。
こちらも契約時に貰った物を入力する事で設定出来ます。

設定が完了したら保存を選択、APN画面へと戻って「rmobile」の表示があれば選択して完了です。

LINEモバイルのAPN設定

LINEモバイルのAPN設定

iPhoneの場合

APN設定をするには、LINEモバイルで提供されている「APN構成プロファイル」を先にダウンロードする必要があります。

ソフトバンク及びau回線・ドコモ回線(ベーシックプラン)・ドコモ回線(LINEフリー/コミュニケーションフリー/MUSIC+プラン)向けにそれぞれ用意されており、QRコードとURLも用意されているので、どちらかを利用してダウンロードを行います。

ダウンロードする際に確認が求められますが、許可を選択してダウンロードを開始します。

ダウンロード完了後は設定画面へと移動し、その中に「プロファイルがダウンロードされました」の表示があれば選択、プロファイルをインストール画面が開きます。

その際に契約しているプラン名も表示されるので、間違っていなければ右上端にある「インストール」を選択して設定に入ります。

後はパスコード設定してれば入力、警告画面が表示されますが、内容を理解したならインストールを選択します。

インストール完了後は右上端の「完了」を選択してAPN設定は終了です。

Androidの場合

設定を選択し、その他のページ内にある「モバイルネットワーク」を選択します。選択後に「アクセスポイント名」を選択してAPN設定へと入ります。

既にLINEモバイルのAPN設定が完了済みの端末なら、そのまま選択して使えますが、使えない場合には新規に設定する必要があります。

APNの新規制作ボタンを選択して、各プランで提供されている情報を元にAPN設定を作っていきます。

ソフトバンク回線・au回線・ドコモ回線(LINEフリー/コミュニケーションフリー/ MUSIC+)

名前:LINEモバイル
APN:line.me
ユーザー名:line@line
パスワード:line
認証タイプ:PAPまたはCHAP
APNタイプ:default,supl,dun(au回線でデザリング出来ない時に限る)

ドコモ回線(ベーシックプラン)

名前:LINEモバイル(ベーシック)
APN:linemobile.jp
ユーザー名:line@line
パスワード:line
認証タイプ:PAPまたはCHAP

入力が完了後は保存を選択、作ったAPNが表示されていれば選択して完了です。

UQモバイルのAPN設定

UQモバイルのAPN設定

iPhoneの場合

プロファイルをSafariからダウンロードして設定を行いますが、端末によってページが違います。

違うと言っても、iPhone 5とiPhone 5以降の端末で用意されているページが違うだけで基本的な手続きは変わりません。

プロファイルのダウンロード完了後は設定画面へと戻り、「一般」を選択します。ページ内に「プロファイル」の項目があるので選択します。プロファイルに「UQ mobile」の表記があれば選択してインストールします。

後は承認画面へと移り(設定しているならパスコードを入力した後に来る)、内容に問題なければ右端上に「次へ」を選択します。

選択後にインストールが開始され、インストールが完了すれば完了を押して終了です。

Androidの場合

設定を選択後、モバイルネットワーク内にある「高度な設定」を選択します。その中にある「APNもしくはCPA設定」を選択します(両方ある場合はAPNを選択)。

基本的には契約時にAPN設定に関する情報は提供してくれていますが、HPでも確認可能です。

AndroidのAPN設定

アクセスポイント名:uqmobile.jp
APN設定:uqmobile.jp
ユーザー名:uq@uqmobile.jp
パスワード:uq
認証タイプ:CHAP

基本的には上記4点を入力すれば使えるようになりますが、状況に応じて下記2点の入力も必要となります。

APNプロトコル:IPv4v6、IPv4/IPv6(「IPv6」で選択した場合、通信不可)
APNタイプ:default,mms,supl,hipri,dun

入力完了後は保存を選択、APN画面に戻って作ったAPNが表示されていれば選択して終了です。

APN設定を作る上での注意点

APN設定にも注意点は幾つかあります。「APN設定はどの端末でも可能だが、表示方法は端末によって違ってくる」という事です。

今回紹介したAPN設定は実の所、一例にしか過ぎないのです。何故ならAPN設定をどのように行うかは、端末や契約している格安SIM業者によって違ってくるからです。違うと言っても表示が違うぐらいで基本的な手順は変わりません。

しかし、表示が違っていると今回紹介した方法だと混乱を招いてしまう恐れもあります。なので、APN設定をする際には現在使用中の端末の説明書も用意しておいた方が安全です。

もしくは、ネットで使用中の端末でAPN設定をする事になった場合に備えてメモを取るなり、スクリーンショットを取るなりして手順も予習しておくと良いでしょう。

APN設定をスマホ専門店で代行してもらう事は可能?

手順は分かっても実際にやろうとすると混乱するので、詳しい人で代行してもらいたいと考える人も恐らくいるでしょう。

現在は、スマートフォンの販売や修理を中心としたスマホ専門店は営業しているので出来そうに見えますが、実際は出来ない方が多いです。

理由としては、修理と違って専門的な知識を必要とする程でもない上に設定自体も複雑では無いと、早い話が取り入れるメリットがあまりないからです。

但し、メリットが無いのはあくまで専門店での話です。格安SIM業者の中には設定代行をサービスとして提供している所もあります。

業者によっては無料の所もあれば有料の所もあったり、設定代行出来るのは格安SIMのキャリアショップや加盟店のみと条件は違ってきます。

それでもAPN設定を代行してくれる事に変わりはないので、APN設定を代行して欲しいとお考えなら契約している格安SIMのお店を中心に探してみるのが良いでしょう。

格安SIMを契約するならAPN設定は1人でも出来るようにしておこう

APN設定まとめ
格安SIMを満足に使いたければ、APN設定は1人でも出来るようにはしておかないといけません。これを習得出来ない限りは、格安SIMを使うのは不向きと言わざるを得ません。

しかし、手順事態は複雑そうで意外と簡単なので、大げさに捉える程でもありません。それにAPN設定を覚えておけば、万が一ほかのSIMを使う事になった時でも安心です。

特に、回線は合ってるのに使えないといったトラブルになった時でもAPN設定を覚えておけば、設定を少し弄るだけで解決出来ます。

何にせよ、格安SIMを使う以上はAPN設定は避けられない事です。今後、格安SIMに乗り換えるか検討中ならAPN設定が必要と言う事だけは覚えておいて下さい。

iPhoneはSIMフリーに対応している?SIMロック解除の方法や注意点

iPhone SIMフリー
「iPhoneはSIMフリーなのか?格安SIMに乗り換えできるのか?」、気になって夜も眠れないそこのあなた。契約とかiPhoneの仕組みとか、考えるだけで頭が痛くなってきますよね。

しかし実はこれ、そんなに複雑な話でもないんです。この記事を読めば誰でもSIMロック解除&格安SIM乗り換えができるようになるはずです。

「格安SIMに乗り換えたい」
「自分のiPhoneがSIMフリーなのか否か気になる」

そんなみなさんに向けて、当記事ではiPhoneとSIMロック、ロック解除の仕方などをできるだけわかりやすく解説いたします。

まずは基本を押さえよう!そもそもSIMロック、SIMフリーって何?

SIMロックとは何か

SIMロックとは、たとえばドコモのショップで購入したスマホはドコモ系列のSIMカードでないと使えないという制限のことです。

SIMカードはスマホの電池パックの下や、本体側面の小さなトレイに挿し込まれており、自分で抜いたり挿したりすることができますが、SIMロックがかかった状態だと、他社系列のSIMカード――たとえばドコモで購入したiPhoneであれば、auのSIMカード――を挿入してもネットは使えません。

ポイントをまとめておきましょう。

simロックのポイント

「SIMカードがないと通信はできない(Wi-Fi使用時は別)」
「SIMロックがかかっていると、格安SIMを含む他系列SIMカードが使えない」
「たとえばドコモのスマホでauのSIMカードを使いたいなら、SIMロックを解除する必要がある(不要の場合も有り)」
「ドコモ系列からドコモ系列(格安SIM)に乗り換える場合、SIMロック解除は不要」

この四つのポイントをまず理解しておきましょう。

SIMカードはネットを使用するのに必要なものですが、各キャリアは顧客流出を防ぐために、他社SIMカードを使えないようにしていたのです。それが当たり前だったんですね。

しかし最近では、初めから「SIMロックのかかっていない機種」も登場しつつあります。それが「SIMフリー(機種)」です。

SIMフリーとは

SIMフリーとは、最初からSIMロックのかかっていない機種のこと、あるいはSIMロックを解除した状態のことを言います。

格安SIM販売業者の提供する端末は基本的にSIMフリーです。

たとえば私はとある格安スマホを使用していまして、端末もその会社から購入したものです。

端末はSIMフリー、つまりどこの会社のSIMカードでも使えるので、今利用している格安SIMよりももっと安くてお得なプランを提供する会社を見つけたときには、いつでもそちらに乗り換えることができます。SIMフリーはすごく楽チンなのです。

SIMフリー機種はandroidだけでなく、iPhoneにもあります。たとえばアップルストアで販売されているiPhone8 SIMフリーバージョン。シルバーの64GBが税込85,104円です。

端末は少々お高いですが、格安SIMとの契約にそのまま使えるので、月々のケータイ料金を押さえたい方は、このようなSIMフリー機種を購入し、格安SIM会社(mineoやUQモバイル、LIBMO等々)と契約するのがおすすめです。

SIMフリー未対応機種も多い

ほんの数年前まではSIMロックをかけるのは普通でした。そのロックが解除できないというのもわりと普通というか、それほど疑問視されてこなかったと言えるでしょう。

そのためiPhoneにはSIMフリー未対応の機種がたくさんあります。2015年5月より前に出たモデルはすべてSIMフリー「未対応」と考えてください。つまりSIMロックを解除することはできないということです。

2015年5月以降に販売されたiPhoneで、SIMフリーに「対応している」機種は以下の通りです。

iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iphone8、iphone8 Plus、iphoneX、iphoneX Plus

いかがでしたでしょうか。上記5機種であれば格安SIMに乗り換えることも可能です。各ケータイショップに相談してみてください。

SIMロック解除の方法は?条件や注意点ってある?

SIMロック解除の方法
iPhoneのSIMロック解除の方法は、三つあります。

ひとつは、各キャリアショップで解除をしてもらうという方法。もうひとつは、格安SIMを契約し、自分でSIMロックを解除する方法。そして最後に、iPhoneを削除(初期化)してロックを解除する方法です。

二番目と三番目はややこしいうえに失敗すると大変なので、私は一番目の方法、キャリアショップに解除してもらうことをおすすめします。

各キャリアショップでSIMロックを解除してもらい、端末をSIMフリーの状態にするには、3,000円の手数料がかかります。

また、契約内容によっては、購入からある程度期間を置かないとロックが解除できない場合もありますので注意が必要です。

simロックに関してはSIMロックやロック解除をご参照下さい。

一括払いなら即SIMロック解除可能

各キャリアショップでスマホを購入した場合、代金を一括払いにすれば、即時SIMロック解除をすることができます。

一括ではなく分割で支払った場合には、購入から100日経過後にSIMロックを解除することが可能です。

「一括=即時、分割=100日経過でSIMロックを解除できる、格安SIMを使えるようになる」

と覚えておけばOKです。もし仮に、購入した機種がSIMフリー機種であった場合、SIMロック解除の必要はありません。

ここでもう一度おさらいです。

「格安SIMにはau系、ドコモ系といった系列が存在する」
「SIMロックのかかっている機種は、他系列(au→ドコモ、ドコモ→au)に乗り換える場合にSIMロック解除が必要」
「SIMフリーの機種には初めからSIMロックがかかっていないので、解除は不要」
「SIMロック解除は、一括払いなら即時、分割払いなら購入後100日で可能となる(SIMフリー未対応機種は不可)」
「SIMロック解除は各キャリアショップで3,000円でできる」
「SIMロックを解除したあとは、どの系列のSIMカードも自由に使える」

どうですか、意外と簡単ですよね。ここまで来てもよくわからないという方は、キャリアショップに丸投げでもいいと思います。

SIMロックがかかっているのか、かかっていないのか、それを調べるのも含めて店員さんに任せちゃいましょう。

以下に一応、各キャリアのSIMロック解除の条件等の記載されたページのURLを貼っておきます。

しっかりと条件を確認して、そのうえでSIMロック解除を申し込んでください。

よくわからないという方は、先ほども言いましたが、ショップ店員に丸投げでもいいと思います。

iPhoneはSIMフリーに対応しているのかまとめ

iPhoneSIMフリーまとめ
以上、SIMロックやその解除方法などについてお話しいたしました。

iPhoneにはSIMフリー未対応機種が多いものの、最近の機種にはSIMフリーバージョンもあり、それなら格安SIMを使うこともできます。

androidの場合は、SIMフリー対応の機種であればSIMロックの解除が可能です。同系列の格安SIMを使用する場合はSIMロック解除は不要、また、もともとSIMロックのかかっていないSIMフリー機種も解除は不要です。

SIMロックは解除しておくと色々と便利なので、ぜひチャレンジしてみてください。


投稿日:2016年10月21日 更新日:

Copyright© 【格安sim人気ランキング】乗り換えは格安simがおすすめ~simsimmisim.com~ , 2020 AllRights Reserved.