おすすめの格安sim比較

通信量0で動画見放題?格安sim「J:COMモバイル」の詳細まとめ

投稿日:

J:COMモバイル
動画の見過ぎで毎月スマホに速度制限がかかる、料金が高くて困っているという皆さん。これを機にJ:COMの格安simに乗り換えてみませんか?

J:COMモバイルならどれだけ動画を見ても、音楽を聴いても、通信量は加算されません。それでいて料金は月々980円~と、非常にお得なサービスとなっています。

「海外ドラマが好き! でも一気見するとすぐに速度制限がかかるので困っている」
「スマホ料金をもう少し安くしたい。でも毎日動画を楽しみたい」

そんな皆さんにはJ:COMの格安sim、格安スマホがおすすめです。当記事ではJ:COMモバイルの特徴やメリット、口コミなどあらゆる情報をお届けいたします。

同サービスは格安simの中でも少々特殊なサービスであるため、入会の際の注意点なども併せてご紹介いたします。そちらもチェックしていただけると幸いです。

月々980円で動画見放題?J:COM格安simの特徴やメリットとは

J:COMはもともとケーブルテレビや電話、インターネットなどのサービスを提供していた会社です。

格安sim事業に参画したのは割と最近のことですが、その内容は、J:COMの動画配信事業者としての強みを最大限活かしたものであり、他の一般的な格安simとは一線を画しています。

ここではまずJ:COMモバイルの特徴やメリットを確認していきましょう。

J:COMモバイルの特徴
料金月額980円~3,980円(端末代金込み)
容量0.5GB~10GB
速度下り最大150Mbps
特徴専用アプリの使用すれば通信量が加算されない。端末代24,000円引き。乗換特典あり。

J:COMモバイルを利用するメリット

①J:COMオンデマンド等の専用アプリは通信量0で使用可能。好きなだけ動画を楽しめる
②端末を分割払いで購入すると、月額料金から最大総額24,000円割引
③他社スマホからの乗換で5,000円もしくは10,000円分のQUOカードプレゼント
④通信にはau回線を使用。全国どこでも繋がりやすく、通信速度が速い
⑤入会すれば全国各地のWi-Fiスポット(Wi-Fiスクエア、UQ Wi-Fi)を使用可能
⑥余ったパケットは翌月に繰り越し。データ容量を余すことなく使うことができる
⑦各種オプションも充実。SMS標準装備。月額850円で電話5分かけ放題も

以上がJ:COMモバイルの特徴、メリットとなります。データ容量が最低0.5GBとなっていることからも分かるように、このサービスは少々特殊です。

この章ではデータ容量のことも含め、各メリットについて詳しくお話しいたします。

①J:COMオンデマンド等の専用アプリは通信量0で使用可能。好きなだけ動画を楽しめる

J:COM 専用アプリ
J:COMモバイルには3つの料金プランがあり、各料金プランのデータ容量は0.5GB、3GB、10GBとなっています。

スマホに少しお詳しい方なら、この部分にとても驚かれたことでしょう。最小容量の0.5GBは、1日で容易に使い切ることができるほどのサイズであり、これが月額980円~というのはさすがに高すぎます。

10GBプランにしても、特に大容量というわけでもありませんし、料金が安いというわけでもありません。

これはJ:COMモバイルの誤解されやすい部分であり、「格安sim おすすめ」などと検索しても同社サービスの名前がなかなか出てこないのは、ここに理由があると考えられます。

確かに月々のデータ容量に関しては、他社サービスのほうがお得感があるのかもしれません。

しかし、J:COMモバイルにはひとつ大きな強みがあるのです。それは「専用アプリを使用すれば、動画や音楽の視聴の通信量が0になる」ということです。

J:COMは現在、「J:COMオンデマンド」「J:COMミュージック」などのアプリを配信しており、そのアプリでは日本はもちろん海外の映像・音楽作品を楽しむことができるのですが、J:COMモバイルに入会すれば、それらのアプリを使用したときの通信量が0になるのです。

これはもちろん0.5GBプランにも適用されますから、たとえば、

「0.5GBプランに入会して1日10時間映画やドラマを観る」
「通勤通学中、家や職場での作業中にずっと音楽を聴き続ける」

こういったことも可能となります。これこそがJ:COMモバイルを利用する最大のメリットなのです。

動画視聴用として0.5GBプランに入会するのもよし、メインのスマホとして10GBプランを契約し、上記アプリでデータ容量を節約しつつ、ラインやYoutubeを利用するのもよしと、使い方は様々です。

確かに月ごとのデータ容量は小さいのですが、そのぶん好きな動画や音楽を好きなだけ楽しめるというメリットがあるわけですね。

だからこそJ:COMモバイルは、毎月動画の見過ぎで速度制限がかかってしまうという方、通信量が大きくなってスマホ料金が高くなってしまうという方におすすめなのです。

現在スマホをお持ちの方は、このサービスへの乗換はもちろん、2台目のスマホとして同サービスを利用することを検討してみてはいかがでしょうか。

メインのスマホをデータ容量の限度いっぱいまで使うよりも、J:COMモバイルの0.5GBプランに入会し、それを動画や音楽の視聴に使ったほうが、むしろ月々のスマホ料金は安くなるでしょう。

ただし、J:COMモバイルの料金はスマホ本体の種類により若干変動します。最も高額なBASIO3購入プランの料金は、0.5GBプランで月額1,530円です。

J:COMモバイルでは様々な種類のスマートフォンが提供されていますので、詳しくは公式サイトをご覧ください。

②端末を分割払いで購入すると、月額料金から最大総額24,000円割引

J:COMモバイルではスマートフォン本体の販売も行われており、その代金の支払い方法を分割払いにした場合、月額料金が24ヶ月、1,000円割引されます。

つまりはスマートフォン本体が実質24,000円引きになるということですので、J:COMモバイルでスマートフォンを購入するのなら、分割払いがおすすめです。

この1,000円引きが適用されるのは、3GBプランと10GBプランのみです。たとえば、GalaxyA30を分割払いで購入する場合の料金は……

GalaxyA30

0.5GBプラン:月額980円
3GBプラン:月額1,980円(本来は2,980円)
10GBプラン:月額2,980円(本来は3,980円)
※値引きは24ヶ月間適用

となります。本体価格50,000円のスマートフォンを購入する場合には、値引き率が約50%にもなるわけですね。

一括払いで購入するよりも断然お得ですので、本体を購入するなら分割払いを選択したほうがよいでしょう。

ちなみに、なぜ分割払いのほうがお得になるようにしているのかというと、サービスの長期利用を促すためです。

たとえば24回払いの場合には、ほとんどの利用者が本体代金の支払いを終える24ヶ月後まではサービスの利用を継続してくれるでしょう。

そうしてサービスが顧客に定着し、さらなる長期利用に繋がることをねらって、分割払いをお得にしているのです。

他の格安simでもこのような「分割払いで料金値引き」制度が導入されていることが多いので、格安simを契約する際には、一括払いと分割払いどちらのほうがお得なのか、しっかりと確認したほうがよいでしょう。

③他社スマホからの乗換で5,000円もしくは10,000円分のQUOカードプレゼント

他社スマホからの乗換
J:COMモバイルには、他社サービスから乗り換えた方への特典が用意されています。

3GBのプランに入会すると5,000円分、10GBのプランに入会すると10,000円分のQUOカードがもらえるのです。

一応説明しておきますと、QUOカードは全国のコンビニ、ファミレス、書店、ガソリンスタンドなどで使うことのできる金券です。

「他社からの乗換」「3GBもしくは10GBプランへの入会」という2つの条件を満たすだけで、5,000円~10,000円分のQUOカードがもらえるのですから、ちょっぴり嬉しいですよね。何か美味しいものでも食べにいきましょう。

ちなみに、J:COMモバイルはもちろんMNPにも対応していますから、今お使いのスマートフォンの電話番号を乗換後もそのまま使用することが可能です。

電話番語を継続指定利用するには現在お使いのスマートフォンの会社に、MNP予約番号を発行してもらう必要があります。

会社ごとに手続きの方法が違いますので、各キャリアのヘルプページで方法をご確認ください。

④通信にはau回線を使用。全国どこでも繋がりやすく、通信速度が速い

J:COMモバイルのsimカードは、auの回線を使用して通信を行うタイプのものです。

現在主流の4G回線を使用しており、通信速度や通信可能地域の広さは、auのスマホと同じだと考えていただいてよいでしょう。

格安simには、独自の通信回線を使用しているタイプと、既存スマホキャリアの通信回線を使用しているタイプの2種類があります。J:COMモバイルは後者です。

この2タイプにはそれぞれメリットとデメリットがあるのですが、後者のスマホ回線タイプのメリットは、何よりも「繋がりやすい」ということです。

携帯電話、スマートフォンは持ち歩く電話であって、「繋がらない地域」が多いとお話になりません。

それを持ち歩く必要性がなくなってしまいます。だからこそ各ケータイ会社は、昔から通信可能地域の拡大に努めてきました。

現在では、よほどの田舎でなければスマホが圏外になる、繋がらないということはありません。その通信可能地域の広さ、繋がりやすさこそ、スマホ回線のメリットなのです。

通信速度について言えば、スマホ回線の場合、時間帯ごとの影響をやや受けやすいです。

しかし、各キャリアのスマートフォンを使っていて、「重すぎてイライラする」ということは現在ではほとんどないでしょう。

J:COMモバイルは各キャリアスマホと同等の通信品質を誇りますので、混みあう時間帯であっても快適にインターネットを使用することが可能です。

⑤入会すれば全国各地のWi-Fiスポット(Wi-Fiスクエア、UQ Wi-Fi)を使用可能

これもJ:COMモバイルの大きなメリットのひとつですね。このサービスに入会すると、全国のWi-Fiスポット(Wi-Fiスクエア、UQ Wi-Fi)を使用可能となります。

Wi-Fiに接続して通信を行った場合には、通信量は加算されません。月々のデータ容量を温存できるのはもちろん、使い切ってしまったあとにも、Wi-Fiスポットに行けばインターネットが使えます。

たとえば、サイズの大きなアプリや動画をダウンロードする際には、お近くのWi-Fiスポットに足を運んでみてはいかがでしょうか。

ゲーム系のアプリやVODのドラマ動画などのデータサイズは、100MB、200MBと大きめのことも多いです。長編動画だとデータサイズは1GB弱くらいになることもあります。

そういったものを普通にダウンロードしていると、あっという間に通信量がその上限に達してしまうのです。

しかしWi-Fiを使えば、月々のデータ容量を消費することなく、アプリや動画をダウンロードすることができます。

J:COMモバイルに入会するならこのWi-Fiスポットもうまく使って、データ容量を節約したいところです。

wifiについてもっと詳しく!

⑥余ったパケットは翌月に繰り越し。データ容量を余すことなく使うことができる

データ繰り越し
J:COMモバイルは、余ったデータ容量が自動的に翌月に繰り越されるシステムとなっています。

たとえば10GBプランの会員が、ある月に7GBしかデータ容量を使用しなかったとき、残りの3GBが翌月に持ち越されます。つまり翌月は10GB+3GBで、13GBまではスマホを使用することができるということです。

学生にも社会人にも、1年のうちにあまりスマートフォンを使わない月はあると思います。

たとえばテスト前やテスト期間中はスマホを使用する機会、時間が少なくなるでしょうし、社会人の場合には、棚卸・決算の時期には仕事が忙しく、ゆっくりとスマートフォンを眺める時間がないということもあり得るでしょう。

そもそも、データ容量を毎月きっちりと使い切るということ自体、難しいのではないかと思います。

そういったときにデータ容量が翌月に持ち越されない仕組みだと、そのぶんデータ容量が無駄になってしまい、相対的に料金が高くなってしまいます。

10GBきっちり使って2,980円と、5GBしか使っていなくて2,980円とでは、データ容量当たりの料金が全然違いますよね。

利用者が損をすることのないように、データ容量を無駄なく使用できるようにするには、データ容量の繰り越し制度は必須であるとさえいえます。

J:COMモバイルでは余ったデータ容量を翌月に持ち越せるため、データ容量が無駄になりません。

あまりスマホを使わなかった月があっても、そのぶん翌月はたくさん通信を行うことができます。データ容量を余すところなく使い切れるというのもJ:COMモバイルのメリットです。

ちなみに、データ容量は繰り越し分から優先的に消費されることになります。

たとえば10GBプランの会員が3GBを翌月に持ち越して13GB使える状態になったとき、前月分の3GBがまず消費される仕組みになっているのです。

ですから、たとえば「前月分3GBと今月分10GBで、計13GBの通信が可能な状態」で10GBの通信を行うと、前月分3GBと今月分7GBのデータ容量が消費され、今月分の残り3GBは翌月に持ち越しとなります。

また、その状態で3GBしか使用しなかった場合には、前月分3GBが優先的に消費されるわけですから、今月分10GB全部が翌月に持ち越されます。

このようにJ:COMモバイルにはまったく無駄がないのです。これも同サービスを利用する大きなメリットのひとつです。

⑦各種オプションも充実。SMS標準装備。月額850円で電話5分かけ放題も

J:COMモバイルには各種オプションも充実しております。SMSや発信者番号表示サービス、着信転送サービスは無料のオプションで、どのプランに入会してもデフォルトでついてきます。

また、有料オプションも豊富で、割込通話サービス(月200円)や、スマホ本体の故障・水濡れ時に替えのスマートフォンを電話一本で送ってもらえる安心端末補償(月500円)、通話の最初の5分が無料になる電話5分かけ放題(月850円)などが提供されています。

これらのオプションを組み合わせ、スマホをカスタマイズすることで、大手キャリアのスマホと同じくらい便利にすることもできますし、逆にサブのスマートフォンとして無駄をそぎ落とし、料金を極限まで安くすることも可能です。

自分の使い方にあわせて、オプションを付けるのか否か決めていただければと思います。

ただし、最低でも安心端末補償は付けておいたほうが良いでしょう。スマートフォンが壊れてしまったときに何も補償がないと、せっかく契約したsimカードが無駄になってしまう可能性があるからです。

月額500円で交換等に応じてもらえるならコスパもいいですし、このオプションについては、どのプランに入会する場合でもつけておいたほうが良いと思います。

以上、J:COMモバイルを利用するメリットについてお話しいたしました。普通の格安simとは違って、動画や音楽の視聴に特化したサービスであることはお分かりいただけたでしょう。

それ以外にも色々なメリットがありますので、ぜひ皆さんもJ:COMモバイルを使ってみてください。

3日で6GBの制限がある?J:COMモバイルを利用する際の注意点

J:COMモバイルの注意点
ここからは、J:COMモバイルを利用する際の注意点をいくつかご紹介したいと思います。

このサービスは少々特殊で、一般的な格安simとは異なるルールが設けられていますから注意が必要です。

それではひとつひとつ見てまいりましょう。

動画や音楽の視聴は3日で6GBまで

専用アプリで動画を観たり、音楽を聴いたりする際には通信量が加算されないと先に述べましたが、厳密には通信量に上限があることに注意が必要です。

スマホ自体の通信量とアプリ使用の通信量の合計が3日で6GBに達した場合、速度制限がかかってしまいます。

速度制限後の通信速度は200Kbpsであり、この速度では快適にインターネットを使うことができません。

数日単位での通信制限は他のサービスにもあります。ですが、ほとんどのサービスが「3日で10GB」「1日3GB」となっているのです。つまりJ:COMモバイルの制限は、他のサービスよりもやや厳しいということです。

動画や音楽の視聴時間があまりに長くなってしまうと速度制限がかかってしまう可能性がありますので、その点には充分ご注意ください。

しかし、3日で6GBを使い切るのは実際には難しいことです。アプリや動画を大量にダウンロードしたり、HD画質の動画を長時間視聴したりしない限り、6GBを3日で使い切るのは無理だと思います。

実際に速度制限がかかることはほとんどないでしょう。あくまで使い過ぎには注意が必要ということです。

J:COMオンデマンド等のアプリには月額利用料がかかる

J:COMモバイルに入会すると、J:COMモバイルオンデマンドやミュージックといった専用のアプリを、通信量0で使用することが可能です(先ほど述べた通り3日で6GBという制限はあります)。

そのため、0.5GBプランに入会して動画を見まくるということも可能なのですが、そのアプリの利用にはスマホの基本料金とは別に、月額利用料がかかります。料金は以下の通りです。

アプリ利用料金

J:COMオンデマンド:月額933円(メガパックの料金)
J:COMミュージック:月額500円
J:COMブックス:月額500円
※J:COMミュージックとブックスは初月無料。

映画やドラマを好きなだけ視聴できるようにするには、J:COMモバイルとは別に、J:COMオンデマンドの有料会員にならないといけません。

ですから、月額980円の0.5GBプランに入会した場合でも、動画を見ようと思えば、月々の支払いは980円+933円=1,913円となります。

J:COMモバイルの月額利用料だけで動画が見放題になるわけではないという点にご注意ください。

見たい動画や聴きたい音楽が必ずあるというわけではない

当然のことではありますが、J:COMオンデマンドやミュージック、ブックスに、あなたが視聴したい作品が必ずあるとは限りません。

何か見たい海外ドラマや映画などがあるのなら、それが配信されているかどうか、入会前にしっかりと確認しましょう。

J:COMオンデマンド等の公式サイトをご覧いただければ配信作品一覧が見られますので、そちらで視聴したい作品の有無をご確認ください。

ちなみにJ:COMオンデマンドでは、過去放送された国内・海外ドラマはもちろん、現在放送されているドラマの見逃し配信も行われています。テレビドラマをよく観るという方は入会しておいて損はないでしょう。

以上がJ:COMモバイルを利用する際の注意点となります。通信制限があるのは何となく残念な気もしますが、3日で6GBを使い切るのは難しいことです。

それほど気にしなくても良いかと思います。

J:COMモバイルの口コミ評判を調べてみた!

最後に、J:COMモバイルの口コミ評判をご紹介いたしましょう。果たしてこのサービスを利用した方々はその内容に満足できたのでしょうか?

口コミサイトに投稿されていたものをいくつかまとめてみたいと思います。

20代男性

J:COMモバイルの0.5GBプランに入会しました。サブのスマホに最適だと思います。ベッドに寝転がりながら、通信量を気にすることなく映画やドラマを楽しめるのがすごく良いです。アプリの利用料と併せても月2千円くらいだし、コスパはかなり良いかなと。スマホ本体は買取になるので、simだけ変えれば他のインターネットサービスを使えるのも個人的には◎

30代男性

家のテレビは基本的に嫁と子供が使っているので、自分の見たいものを見られるサービスを探し始め、そのなかでJ:COMモバイルについて知りました。アプリを使えば通信量0なのが嬉しいですね。分割払いにすればスマホ本体も安くなり、最新機種をお得に手に入れられるのもGOOD。通信速度も申し分なく、全体として優れたサービスだと思います。

20代女性

キャリアスマホからJ:COMモバイルに乗り換えました。もともとそんなにスマホを使うほうではないので、10GBもあれば充分。料金も安いですし、暇なときに動画や音楽を楽しめますので満足してます。QUOカードも先日届きましたので、欲しかった本の購入に使いたいと思います。

以上、J:COMモバイルの口コミをご紹介いたしました。全体的に高評価の口コミが多かったです。

月数十GBの大容量プランが人気の昨今、月々のデータ容量の小さいJ:COMモバイルはあまり注目されていませんが、そのサービス内容は非常に優れています。

動画や音楽の視聴に特化したサービスであり、速度制限を気にせずに作品を楽しみたいという方にはおすすめのサービスです。

J:COMモバイルの料金やオプション、注意点まとめ

J:COMモバイルの料金やオプション、注意点まとめ
いかがでしたでしょうか。J:COMモバイルは動画や音楽の視聴に特化したサービスで、口コミでも評価が高く、本当におすすめできる格安simです。

月々のデータ容量が小さい代わりに、アプリでの動画や音楽視聴が通信量0であるというのはユニークな発想ですよね。

普段から動画をよく観る、そのせいで速度制限がかかってしまうことが多いという方にはぴったりのサービスです。メインとしてはもちろん、2台目のスマホとして契約するのも良いと思います。

ここでJ:COMモバイルの特徴をおさらいしておきましょう。

J:COMモバイルの特徴
料金月額980円~3,980円(端末代金込み)
容量0.5GB~10GB
速度下り最大150Mbps
特徴専用アプリの使用すれば通信量が加算されない。端末代24,000円引き。乗換特典あり。

月額料金には端末代金が含まれているため、スマホ本体の価格によって料金が少し変わってきます。各プランの詳細は公式サイトでご確認ください。

皆さんもJ:COMモバイルを契約して、動画や音楽を好きなだけ楽しんじゃいましょう!

-おすすめの格安sim比較

Copyright© 【格安simおすすめランキング】即解決!格安スマホで携帯料金80%節約 , 2019 AllRights Reserved.