格安simの特徴把握

キャリアスマホは金の無駄!?格安SIMに乗り換えた方がいい人の特徴

投稿日:

格安SIMに乗り換えた方がいい人の特徴
キャリアスマホを未だに使っているそこのアナタ。通信速度やデータ容量等に対する不安から、格安SIMに乗り換えることなく未だにキャリアスマホを使っているのかもしれませんが、はっきり言って損をしています。

さっさと乗り換えてしまったほうがご自分のためになりますよ。

「私って格安SIMに乗り換えるべき?」
「キャリアスマホと比べて速度やデータ容量はどうなの?」

気になりますよね。そこで当記事ではキャリアから格安SIMへの乗り換えについてお話ししたいと思います。

SIMフリーと格安SIMの関係性

SIMフリーと格安SIMの関係性
SIMフリーとは、SIMロックがかかっていないスマートフォンのこと。スマホには必ずSIMカードという「通信をするために必要なチップ」が挿入されています。

スマホの電池パックを外すとそれがわかるはずです。iPhoneの場合は側面の小さな引き出しのなかに収められています。

このチップがないと電話やインターネットをすることができず、SIMカードはいわばスマホの心臓と言えるでしょう。

SIMがないとスマホを使えない。これは過去に各キャリアによって「顧客をつなぎ留めるための手段」として用いられてきました。

たとえばAという携帯会社が自社で販売しているスマホにSIMロックをかけたとします。そうするとそのスマホはA社のSIMカードでしか動かなくなるのです。

そのため、携帯会社BやCに乗り換える場合には、新しくスマホ本体を購入しなければなりません。本体購入にはお金がかかりますし、今まで使ってきたスマホが使えなくなるのは惜しい……そう考えた客はそのままズルズルとA社との契約を継続してしまうのです。

さて、私がなぜSIMフリーの話をしたのかといいますと、要はあなたの使っているスマホがSIMフリー機種でないと、格安SIMに乗り換えることは基本的にできないからです。

格安SIMとは

格安SIMとは文字通り料金の安い「SIMカード」のこと。格安SIMの会社と契約した場合、あなたの家に届くのはSIMカードであって、スマホ本体ではありません。スマホ本体は別売り、別料金なのです。

もしあなたが格安SIMを契約したとして、自分のスマホにそれを挿入したとしても、あなたの機種がSIMフリーでなければ、スマホは起動しません。Wi-Fiにつなげればネットは使えますけれども、それ以外の場面ではネットも通話もできないのです。

最近ではSIMフリーの機種も増えてきてはいますが、5、6年前の機種になるとSIMロックのかかっているものが多いのではないかと思います。

そしてSIMロックは会社に言えば解除できる場合とできない場合とがあります。詳しくは各キャリアにお問い合わせください。

SIMフリーに乗り換えたほうがいい人の特徴

キャリアスマホからSIMフリー機種に乗り換えたほうがいい人の特徴は、今後格安SIMを契約する可能性のある人です。

SIMフリーとはあくまで、どの会社のSIMでも使えるということでしかなく、それ以上のメリットはないため、他社に乗り換えることを考えている人以外は、SIMロック機種でも別に問題はないでしょう。

しかし今後格安SIMに乗り換える予定のある人、もしかしたら乗り換えるかもと思っている人は、今のうちにSIMフリー機種に変更をしておいたほうがいいと思います。

何故なら、格安SIMは多くの場合、今使用しているスマートフォンを「そのまま」使うことができるからです。

各キャリアの高機能で便利なスマートフォンを、格安SIMの料金プランで使える。これは非常にお得なことだと言えるのではないでしょうか。

ぜひお使いのキャリアのSIMフリー機種を調べてみてください。

キャリアスマホから格安SIMに乗り換えたほうがいい人の特徴

キャリアスマホから格安SIM
さてここからは、キャリアスマホから格安SIMに乗り換えたほうがいい人の特徴をまとめていきたいと思います。

まずは通話機能です。スマホの通話機能を使わない、通話をするにしても電話ではなくラインやスカイプで話すことがほとんど。そういう方は格安SIMに乗り換えたほうがよいでしょう。

格安SIMはもともと料金の安いものですが、音声通話なしのプランを選ぶとさらに安くなるのです。

たとえばUQモバイルの「データ高速プラン(音声通話なし)」は、1ヵ月に3GBインターネットが使えて料金はたったの980円/月です。

キャリアスマホの6,7分の1といったところでしょうか? 通話機能を使わない、ラインやスカイプがあれば充分という方は、格安SIMに乗り換えたほうがよいでしょう。

ちなみに、UQモバイルにはもちろん音声通話付きのプランもありまして、データ容量が月3GBの「データ高速+音声通話プラン」は月額1,680円です。

通話料は30秒20円とお高めですが、通話機能をそれほど使わないのであれば気にならないでしょう。

スマホの通信をあまり使わない人

インターネットをするときは大体パソコンを使っている、家のルーターは無線接続にも対応しているので家にいるときはスマホをwi-fiに接続して使っている、そもそもスマホを使うことが少ない。そういう方は格安SIMに乗り換えたほうが絶対にお得です。

ここで一つ、データ容量のお話をいたしましょう。私はLIBMOという会社の格安SIMを使用していますが、その用途はパソコンのネット接続。デザリング機能を使って出先でパソコンをインターネットに接続し、記事をアップロードしたりデータを収集したり、休憩中にはネットニュースを読んだり動画を見たりしているわけです。

パソコンでネットを使用するため、データの使用量はスマホを使用した場合よりも大きくなります。また、長時間接続しっぱなしであるため、1日のデータ使用量はおそらく普通の人よりも多いでしょう。

では、私は何GBのプランに契約しているのかというと、10GBです。実際に使用するのは9GBくらいで、毎月1GB弱は余ります。私のようなヘビーユーザーであっても、月に10GBもあれば充分なんですね。

ではその10GBのプランの料金はいくらなのかというと、音声通話なしで2,280円/月です。

仮に音声通話をつけたとしても2,980円/月です。ビックリするほど安いですよね。会社によってまちまちですが、格安SIMは文字通り本当に安いから格安SIMなのです。

キャリアスマホのデータ容量は、大体月に20~30GB。そのぶん料金が高めに設定されているわけですが、スマホライトユーザーは、そのデータ容量全体の70~80%程度を余らせてしまっているのではないかと思います。それはどういうことか?

「使わないもの、不必要なものにお金を払っている」

ということです。例えるなら、月にせいぜい2、3個しかミカンを食べないのに、毎月段ボール1箱ミカンを買っているようなもの。

これは明らかにお金の無駄遣いですが、スマホの場合は使用実態が目に見えにくいため、無駄遣いをしているという感覚が薄れてしまいます。

はっきり言いますが、月に2、3GBしか通信しないのにキャリアスマホを使うのは、無駄遣い、浪費、お金を溝に捨てるようなものなのです。

仮にキャリアスマホの月額料金が7,000円だったとしましょう。私の利用しているスマホの音声通話付き10GBプランは2,980円。差額は約4,000円。半年で24,000円、1年で48,000円もの差が出てきます。

48,000円あれば何ができるでしょうか。それほど遠い所でなければ旅行にも行けそうです。新型ゲーム機を買うこともできます。

住民税を1、2回は支払えるでしょうし、国民年金なら約3ヵ月分を支払うことが可能です。これは相当大きな差だと言えるのではないでしょうか。

スマホをメールやちょっとした動画の視聴くらいにしか使わないという方は、今すぐ格安SIMに乗り換えましょう。

格安SIMの通信速度につきましてはコチラの記事にまとめていますので、そちらをご参照いただきたいと思います。

キャリアスマホには及ばずとも、不便に感じることのない程度の速度は出るというのが格安SIMの特徴です。

プランを気軽に変更したい人

キャリアスマホのプラン変更は、色々と制約が有ったり、プランが複雑で難しかったりで、そう気軽にできるものではありません。

データ容量を増やしたい、あるいは減らして出費を抑えたい。そういったニーズに対応できるようにはなっていないのです。

しかし格安SIMなら、会社にもよりますがプラン変更は基本的に自由。変更方法も簡単で、その会社のホームページにアクセスし、マイページにログインし、プラン変更の画面から移行先のプランにチェックをつけて確定ボタンを押すだけでOKです。いちいち店舗に足を運ぶ必要はありません。

故障や水濡れが不安な人

キャリアで販売されているスマホはどんなに安くとも2、3万円はします。新しい機種になると10万円近くすることも多いですよね。

しかし格安スマホとして提供されている端末は、せいぜい1、2万円程度です。

さらにSIMフリーが基本であるため契約済みの格安SIMを差し込めばそのまま使えます。機能も申し分なく、よほど高度な使い方をするのでなければ困ることはないでしょう。

気軽に機種変更ができるというのは非常に大きなメリットだと言えます。たとえばスマートフォンを「水ポチャ」させてしまったり、落として画面を粉々に割ってしまったりしたときに、1万2万で新しいスマホを手に入れられるわけです。

これについては、現在キャリアスマホをお使いの方も覚えておいて損はない情報だと思います。

たとえば、格安スマホ本体のみを購入し、外に出るときはキャリアのSIMカードをその格安スマホに差して持ち歩き、より高価なキャリア端末は家に置いておく。こうすることで故障や盗難のリスクを低減することができます。

盗難の場合はSIMカードを再発行してもらえますし、本体のほうも「格安スマホ」であるため、さほど痛手にはならないんですよね。

格安SIMに乗り換えた方がいい人の特徴まとめ

格安SIMに乗り換えた方がいい人の特徴まとめ
以上、キャリアスマホからSIMフリー、そして格安SIMに乗り換えるべき人の特徴をご紹介いたしました。

特にライトユーザーは絶対に格安SIMに乗り換えたほうがいいですね。おすすめはUQモバイル、楽天モバイル、NifMo辺りでしょうか。

個人的にはLIBMOもおすすめなので、興味のある方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

格安simおすすめランキングTOP

-格安simの特徴把握

Copyright© 【格安sim完全攻略!】iphoneも使えるキャリア別おすすめsimフリー比較 , 2018 AllRights Reserved.