目的別ランキング!

オフィスwi-fi最適機種も?SIMカード+ルータ契約がお得な会社3選

投稿日:

wi-fiルータランキング
wi-fiルータを使えば、家のパソコンやスマートフォン、ゲーム機などを同時にネット接続することができます。

持ち運びも可能で、旅行先や出張先でも快適にインターネットができるでしょう。しかしwi-fiルータを機能させるには、本体とは別にSIMカードの契約が必要。

SIMの取得方法には色々とありますが、これを誤ると、

「通信速度が遅すぎて使えない」
「そのわりに料金が高い」

といったことになりかねません。当記事ではwi-fiルータとSIMカードの選び方や、おすすめのwi-fiルータ+SIM BEST3を紹介いたします。

ルーターやSIMを購入する前に、ぜひご一読いただければと思います。

wi-fiルータはセット購入がお得?wi-fiルータの基礎知識

wi-fiルータの基礎知識
wi-fiルータとは、文字通りパソコンやスマホをwi-fi(無線インターネット)に接続するために使用する機器です。昔からある有線ルータのwi-fi版だと考えるとわかりやすいでしょう。

これを機能させるには、ルータ本体にSIMカードを挿入しなければなりません。携帯電話と同じで、SIMカードを挿さないことにはネット接続には使えないのです。

SIMカード未挿入のwi-fiルータは、ほとんど何の役にも立たないと言ってよいでしょう。

つまりwi-fiルータは、単体では使えないということです。別途SIMカードの契約が必要となります。

キャリアもしくはMVNOと契約し取得したSIMカードをルータに挿入して初めて、wi-fiが使えるようになるのです。

今現在、SIMカードにはau、ドコモ、ソフトバンクといったいわゆる「キャリア」と、UQモバイル楽天モバイルといった「MVNO」とがあることは皆さんご存知でしょう。

後者は「格安sim」と呼ばれ、通信速度はキャリアに劣るものの、料金が圧倒的に安いという特徴があります。

ルータとSIMをどのように組み合わせるか――これによって月々の支払額(ネット料金)や、通信速度が変わってきます。

それにルータ本体にも機能の違いがあるため、wi-fiルータを快適に使用するには、各SIMカードやルータ本体の特徴をしっかりと把握しておく必要があるのです。

最もお得なwi-fi利用方法を考えてみよう

wi-fiルータの利用方法は、

1.本体をAmazonなどで単品購入し、キャリアもしくはMVNOのSIMカードを挿入する
2.無線インターネットを提供する会社(MVNO含む)から、ルータとSIMカードをセットで購入する

この2通りです。1については、あまりおすすめできません。何故なら、端末の購入費用が掛かってしまうからです。

2の方法でルータとSIMカードをセットで購入すれば、ルータ本体が無料となる場合が多く、初期費用が1よりも安いんですね。

しかもルータとSIMカードのセット販売だと、高速通信を使い放題で月々3~4千円くらいと、月々の料金面においても1の方法には負けません。

ただし、今現在使っているスマホのSIMカードをルータに挿入して使うというのはアリだと思います。wi-fiルータは、スマホと同じように「SIMロック」が掛かっていることがほとんどで、たとえば、

「BroadWIMAXで購入した端末に他社格安simを挿入して使う」

これは基本的に「不可能」なのですが、Amazonなどで販売されているルータはSIMフリー(いわゆる白ロム)であることが多いです。

今使っているスマートフォンからSIMカードを抜きだし、それを白ロムルータに挿入すればwi-fiが使用可能となります。その場合はSIMカードのサイズにご注意ください。

また、中古のwi-fiルータとスマホ向け格安simを組み合わせるというのも悪くない方法でしょう。SIMカードとルータを別々に購入するデメリットは、初期費用がそれなりに掛かるということ。

中古のルータであれば新品よりも相当に安いですから、初期費用を抑えることができます。スマホ向けの格安simには月々3GBといったデータ量制限がありますが、その分料金は安いですし、ポケットwi-fi代わりに使うなら十分でしょう。

しかしwi-fiをメインのネット接続方法として据えるのなら、話が変わってきます。パソコン、スマホ、ゲーム機等の通信料を月3GB以内に収めるのは、はっきり言って無理です。

じゃあデータ容量無制限のプランを契約すればいいんでないの、と思うかもしれませんが、スマホ向け格安sim=料金の安いsimのデータ容量無制限プランは、通信速度が遅いのです。

たとえばUQモバイルの無制限プランの場合、下り最大500Kbpsと、ネットを快適に使えるボーダーラインである1Mbpsの半分の速度しか出ません。

有線接続やキャリアスマホの高速通信に慣れている人は、速度の遅さに間違いなくイライラさせられるでしょう。

ですから、wi-fi(無線インターネット)を有線接続に代わるメインのネット接続方法として使用されたい方は、ルータとSIMカードをセット購入する――つまり無線インターネットを正式に契約したほうがよいのです。

そしてその無線インターネットは、MVNO系=格安sim系のものを選ぶのがベストです。

MVNO系の無線インターネットは、有線接続よりも料金が安いのはもちろん、たとえば白ロムルータとスマホ向け格安simを組み合わせた場合よりも――

ルータ本体が無料(となることが多い)
データ容量無制限プランでも料金は月額3、4千円程度
通信速度が速い

の点で圧倒的に優れています。これに太刀打ちできるとすれば、すでに持っているキャリアスマホのSIMカードを白ロムルータに挿入して使うという方法ですが、そうすると、ルータを持ち歩くか、SIMを挿入し直すかしない限り、メインのスマホを外で使えなくなってしまいます。

それにキャリアスマホとはいえ通信量に上限がないわけではありません。パソコンなどを接続してガンガン使っていると、速度制限が掛かったりする恐れがあります。無線インターネットを利用する場合よりもやはり不便に感じてしまいますね。

高速wi-fiを無制限に使用したい、メインのネット接続方法にしたいという方は、BroadWIMAXをはじめとする、無線インターネットの無制限プランを契約するのがベストです。

ただし先ほども言いましたが、BroadWIMAXなど、無線インターネットを提供する会社から購入した端末に、他社のSIMカードを挿入して使うことは基本的にはできません。

万が一SIMカードを壊してしまったりしたときには、すぐに販売会社に連絡しましょう。

安い&速い!?おすすめwi-fiルータ(+SIM)ランキング

料金と通信速度、データ容量などあらゆる面を考慮して「wi-fiルータ+SIMカード契約がお得な会社ランキング」を作るなら、

1位 BroadWIMAX
2位 YAHOO! Wi-Fi
3位 スマモバ

となります。料金の安さ、通信速度の面で最も優れているのはBroadWIMAXですね。ルータ本体も高性能で、機種によっては下り最大708Mbpsを誇ります。

各社の特徴を簡単にまとめておくと――

BroadWIMAX
データ通信無制限プランが2,726円(割引後の価格)~と圧倒的に安い。UQモバイルと同じ会社が提供しているだけあって通信速度も速く、端末によっては下り最大708Mbps。初期費用0円、基本料金を3ヵ月割引。
YAHOO! Wi-Fi
YAHOO! Wi-Fi 4G/LTE データプラン2にアドバンスオプションを付けることで高速データ通信が無制限に。基本料金は月額3,969円、アドバンスオプションは月額684円。通信速度は最新機種だと下り最大612Mbps。
スマモバ
LTE使い放題プランのルータセットが月額最大3,980円。通信速度は下り最大150Mbps。端末代金は有料。

――こんな感じですね。スマモバはLTE使い放題プランが非常に魅力的なのですが、端末代金が有料ですので、3位とさせていただきました。

WiMAXと名の付く無線インターネットサービスは多数あり、どれも大同小異といった感じなのですが、BroadWIMAXは一味違いますね。通信速度も料金の安さも業界トップクラスです。

それでは次章から、各社のサービス内容や料金プラン、ルータの種類や特徴を見ていきましょう。

第3位!放題プランが魅力!スマモバの料金やルータの特徴

スマモバが提供しているルータ本体は「富士ソフト F+ FS030W」「FREETEL ARIA 2」の2種類です。それぞれ特徴を見てみましょう。

富士ソフト F+ FS030W FREETEL ARIA 2
本体価格 36,000円(スマモバ契約&36回払い) 36,000円(スマモバ契約&36回払い)
高さ 約74.0mm 110.0mm
約74.0mm 66.0mm
厚さ 約17.3mm 17.0mm
重量 128g 110g
LTE 受信時最大150Mbps/送信時最大50Mbps 受信時最大150Mbps/送信時最大50Mbps
連続通信時間 24時間 17時間
無線LAN同時接続数 15台 10台
SIMサイズ microSIM 標準SIM

こうして見比べてみると、どちらかといえば富士ソフト F+ FS030Wのほうが優秀ですね。スマモバのLTE使い放題プランに入会すると自動的に36回払いとなり、本体の代金支払いは月々1,000円。

価格は同じなので、wi-fiルータのプランを契約するなら、富士ソフト F+ FS030Wを選択したほうが良いでしょう。

料金プラン

続いてスマモバの料金プランを見ていきたいと思います。データ容量制限付きのプランもいくつかあるのですが、無線インターネットをメインの接続方法として据えるなら、「LTE使い放題プラン」「ギガプレミアムプラン」のどちらかがおすすめ。

その2プランの料金や特徴は以下の通りです。

LTE使い放題プラン FS030W or FREETEL ARIA 2セット ギガプレミアムプラン 富士ソフト F+ FS030Wセット
月額基本料金 3,480円/月 4,480円/月
月々割(最大36回) -500円/月 -500円/月
本体分割支払金(36回) 1,000円/月 1,000円/月
36ヵ月までの月額料金 3,980円 4,980円
37ヵ月目以降の月額料金 3,480円 4,480円

ギガプレミアムプランのほうが大容量ですね。しかし普通にインターネットをするくらいでは、1日に3GBはもちろん、1GB使い切ることもないでしょう。

大きなデータをダウンロードしたりすることのない方は、LTE使い放題プランで十分だと思います。

オプション

スマモバには非常に多くのオプションが用意されているのですが、Wi-Fiルータにも適用可能なものは少ないようです。しかし内容はしっかりとしています。

たとえば月額600円のスマートプレミアム保証は、スマモバで購入した端末が故障してしまった際に無料(修理費最大5万円まで)で修理を受けられるサービス。

データを消去することなく修理が可能で、修理期間が長引く場合には代替機も貸してもらえます。端末代金の支払いが終わるまでは加入しておいたほうがよいでしょう。

そのほかにもローソンフレッシュでの買い物がお得になる「お買い物優待サービス」や、データのバックアップを無制限にできる「AOSBOX」など、色々なオプションがありますね。

スマモバ総評

スマモバまとめ
スマモバの特徴は、LTE使い放題プランや1日3GBたっぷり使えるギガプレミアムプランがあることです。

また、スマモバの提供しているwi-fiルータは、通信速度こそ後述の2社に劣るものの、連続通信時間が長いというメリットがあります。

たとえばネットのゲームをしているときに、突然インターネットが切断されたりすると、頭に来ますよね。

しかしF+ FS030Wなら、最大24時間連続通信が可能なので、長時間ゲームをするという人でも安心です。

通信量の大きなゲームだと速度的にどうかというところですが、たとえばネット将棋、麻雀くらいでしたら全く問題ないでしょう。

速度よりも連続通信時間を重視するという人にはスマモバがおすすめですね。

第2位!ルータ性能向上!YAHOO! Wi-Fiの実力は?

YAHOO! Wi-Fiのルータは、506HWもしくは603HWから選ぶことができます。

603HWが最新のルータで、506HWよりも性能が良いですし、端末代金はどちらも0円なので、603HWを選択したほうがお得です。

603HW
高さ 約65.0mm
約109.9mm
厚さ 約15.5mm
重量 135g
LTE 受信時最大612Mbps/送信時最大13Mbps
連続通信時間 6時間
無線LAN同時接続数 14台
SIMサイズ microSIM

旧型である506HWの通信速度が下り最大112.5Mbpsであるのに対し、603HWは下り最大612Mbps

これはもちろん理論値ですが、通信速度が大幅にアップしていることは間違いありません。実効速度はおそらく100Mbps以下に収まると思いますが、有線接続と同じかそれ以上に速いくらいでしょう。

ただ、この機種のネックは連続通信時間が約6時間であるということ。6時間経過すると電源が切れ、ネットが切断されてしまうため、ネットゲームを長時間プレイしたり、将棋観戦をしたりする人は、「いきなり切断されてイライラ」ということもあるかもしれません。

充電しながら使用するなどの工夫が必要ですね。

料金プラン

YAHOO! Wi-Fiでは3年プランを契約することでルータ代金が無料、0円となります。3年未満で解約をすると最大で4万円近い違約金が発生するので注意が必要です。

YAHOO! Wi-Fi 4G/LTE データプラン2
月額基本料金 3,696円
データ容量 7GB/月
アドバンスオプション 684円(最大3ヵ月無料)

※アドバンスオプションとは、本体設定を「アドバンスモード」に設定することで無制限に高速通信が可能になるというもの。ただし3日で10GB以上通信すると速度制限が掛かる。

上記YAHOO! Wi-Fi 4G/LTE データプラン2とアドバンスオプションを組み合わせることで、実質データ容量無制限のポケットwi-fiが出来上がるというわけですね。

速度制限の条件は、3日で10GB。1日3.3GB以上使わないと速度制限はかかりません。パソコンやスマホをすべてネットに繋げても、さすがに1日3.3GBには届かないでしょう。

YAHOO! Wi-Fiを契約するのなら、アドバンスオプションは絶対につけたほうがいいですね。ただし同オプションの対応地域はまだまだ狭いので注意が必要。

事前にお住いの地域が対象地域であるかどうか、確認するようにしてください。

オプション

YAHOO! Wi-Fiのオプションを調べてみましたが、アドバンスオプションと、500MB 500円のデータ容量買い増しオプション、それと月額300円の補償プラン以外には特に無いようです。

YAHOO! Wi-Fi補償プランは、端末の購入時にのみ契約できるオプション。メーカー保証が1年間、YAHOO! Wi-Fi補償が2年間つきます。

故障、盗難があった際の修理費用、交換費用をYAHOO! Wi-Fiが払ってくれるんですね。それで月額300円は安い。

wi-fiルータを持って旅行や出張に行くことを考えている方は、これに加入しておいた方がよいでしょう。

YAHOO! Wi-Fi総評

YAHOO! Wi-Fiまとめ
YAHOO! Wi-Fiの特徴は、612Mbpsという業界トップクラスの速度の出るwi-fiルータを基本料金3,696円+アドバンスモード684円で無制限に利用できるということです。

スマモバに比べると連続通信時間は短いものの、かなりの速度が出るため、データサイズの大きなアプリをダウンロードしたり、高グラフィックのゲームをプレイしたりするのに、ストレスを感じることは一切ないでしょう。

第1位!業界最安BroadWIMAXのルータや料金プランとは

BroadWiMAX

BroadWIMAXを契約すると「WX04」「L01s」「W05」の3つのルータのうち1つを無料でもらうことができます(「Web申込」「クレジットカード払い」「指定オプション加入」が条件)。それぞれの特徴を見てみましょう。

WX04 L01s W05
高さ 約62mm 約180mm 約55mm
約111mm 約93mm 約130mm
厚さ 約13.3mm 約93mm 約12.6mm
重量 128g 450g 131g
通信速度 受信時最大440Mbps/送信時最大30Mbps 受信時最大440Mbps/送信時最大30Mbps 受信時最大708Mbps/送信時最大75Mbps
連続通信時間 約13時間 無制限(コンセント接続のため) 260分~630分(後述)
無線LAN同時接続数 10台 42台 10台
SIMサイズ nano
UIMカードバージョン Nano IC Nano IC

非常に個性豊かなルータが揃っていますよね。WX04はバッテリーが長持ちで、かつ持ち歩きが可能ですが、通信速度はそこそこといった感じです。

L01sも通信速度は440Mbpsでコンセント接続タイプのため、持ち運びは不可能なものの、電気が通っている限りは無制限に通信が可能。

SIMフリーで、同時接続数はなんと42台。これは会社のオフィスなどに設置するのに適している機種ですね。

社員全員が無料で高速wi-fiを使えるというのは、求人広告を出す際に良いアピールポイントとなるのではないでしょうか。

そして最後にW05。下り最大708Mbpsを誇る最新のwi-fiルータです。連続通信時間に開きがありますが、これはど使用するモードによって変わってくるんですね。

バッテリー消費量が最も大きくなるのは、ハイスピードプラスエリアモード(月額1,004円のオプション)を使用したとき。これはWiMAX2+に4G LTE回線を使うことができるシステムです。

通信速度が上がり、かつ通信可能範囲が広がる代わりに、月額料金が掛かり、バッテリーの消費が速くなるということです。

しかし今現在はキャンペーン中で、3年プランに入会すればハイスピードプラスエリアモードのオプション料が永久無料。

速くて安くて繋がりやすい、それがBroadWIMAXの特徴です。

料金プラン

BroadWIMAXには2つの料金プランがあります。圧倒的にお得なのはギガ放題プランです。

ギガ放題プラン ライトプラン
月額基本料金 3,411円(契約後3ヵ月は2,726円) 3,326円(契約後3ヵ月は2,726円)
データ容量 無制限 7GB/月
LTEエリア使用料 無料 無料

※どちらも3年縛り。3日で10GB以上通信すると速度制限。

どうでしょうこの圧倒的安さ。たったの3,411円で高速通信を使い放題なのです。

3日で10GB使うと速度制限が掛かりますが、1日に3.3GB以上使うのは不可能に近いので、この速度制限はあってないようなものと言ってよいでしょう。

先に紹介したスマモバ、Yahoo! Wi-Fiよりも遥かに料金が安く、しかも通信速度がスゴい。現状、BroadWIMAXに勝てるwi-fiルータ+SIMカードプランは私の知る限り存在しません。

スゴすぎるキャンペーン

BroadWIMAXは現在キャンペーン中で、他社からの乗換で発生した「違約金」「解約金」を最大19,000円まで肩代わりしてくれます。

違約金や解約金が高い、乗り換えたいけれど無理……そんな方は今すぐBroadWIMAXに連絡しましょう。

上限付きではありますが、違約金を代わりに支払ってくれますからね。この違約金負担はあくまで「キャンペーン」であって、いつ終わるとも知れません。契約するなら今のうちです。

オプション

BroadWIMAXはオプションも充実しています。月額550円の「安心サポートプラス」に入会すれば、水濡れ、故障した端末を無料で修理してもらえます。

水濡れ対応は6ヵ月に1回という条件付きですが、まさかトイレにルータを持ち込む人はいないでしょうから、この条件は別に気になりませんね。

月額507円の「MyBroadサポートライト」は、パソコンやプリンタなどの周辺機器の操作方法、設定方法を徹底サポート。機械が苦手という方でも安心です。

さらにはセキュリティ万全のメールアドレス「Broadメール」も使用可能になります。会社の機密情報などのやり取りや、未発表の原稿、イラストの送受信などに役立ちますね。

それから「モバレコポイントクラブ」。月額400円で宿泊施設やレンタカー、レジャー施設、カラオケなどの割引が受けられます。

しかも毎月ポイントが400円分付与されるため、オプション料は実質タダ。友達と旅行に出かけたり、カラオケに遊びに行ったりしたときに、このモバレコポイントクラブの割引を利用すればヒーローになれる、かも。

以上、オプションを紹介いたしました。

先述の「端末無料」の恩恵を受けるには、「安心サポートプラス」「My Broadサポートオプション」入会が必須となります。これがちょっと微妙なところです。トータルで見ると月額料金がやや高くなってしまいます。

月々税抜1100円ほど支払うとすると、16~17ヵ月で端末代金と同じくらいの出費になるんですよね。3年、4年と長く使用することを考えている方は、端末代金を支払ったほうがお得です。

BroadWIMAX総評

BroadWIMAXまとめ
以上、BroadWIMAXのルータや料金プランなどをご覧いただきました。

バッテリーが長持ちするWX04、オフィスwi-fiに最適なL01s、業界トップクラスの高速通信が可能なW05。基本料金もとても安く、今なら違約金も肩代わりしてくれるというのですから驚きです。

唯一のネックは3年縛りですが、メインのネット接続方法としてBroadWIMAXを利用するなら、3年そこらで解約するということはないでしょう。

まあ何があるかはわからないので、とりあえず契約月はメモしておいたほうがいいかもしれませんね。

SIMカード+ルータランキングまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。wi-fiルータとSIMのセット契約がお得な3社をランキング形式でご紹介いたしました。

これ以外にも良い会社、プランは色々とありますが、BroadWIMAXにしておけば間違いはないでしょう。

みなさんもこれを機に、無線インターネットをメインの接続方法に据えてみてはいかがでしょうか。

格安simおすすめランキングTOP

-目的別ランキング!

Copyright© 【格安sim完全攻略!】iphoneも使えるキャリア別おすすめsimフリー比較 , 2018 AllRights Reserved.