iphoneとsimフリーについて

iPhoneはSIMフリーに対応している?SIMロック解除の方法や注意点

投稿日:2017年10月23日 更新日:

iPhone SIMフリー
「iPhoneはSIMフリーなのか?格安SIMに乗り換えできるのか?」、気になって夜も眠れないそこのあなた。契約とかiPhoneの仕組みとか、考えるだけで頭が痛くなってきますよね。

しかし実はこれ、そんなに複雑な話でもないんです。この記事を読めば誰でもSIMロック解除&格安SIM乗り換えができるようになるはずです。

「格安SIMに乗り換えたい」
「自分のiPhoneがSIMフリーなのか否か気になる」

そんなみなさんに向けて、当記事ではiPhoneとSIMロック、ロック解除の仕方などをできるだけわかりやすく解説いたします。

まずは基本を押さえよう!そもそもSIMロック、SIMフリーって何?

SIMロックとは何か

SIMロックとは、たとえばドコモのショップで購入したスマホはドコモ系列のSIMカードでないと使えないという制限のことです。

SIMカードはスマホの電池パックの下や、本体側面の小さなトレイに挿し込まれており、自分で抜いたり挿したりすることができますが、SIMロックがかかった状態だと、他社系列のSIMカード――たとえばドコモで購入したiPhoneであれば、auのSIMカード――を挿入してもネットは使えません。

ポイントをまとめておきましょう。

「SIMカードがないと通信はできない(Wi-Fi使用時は別)」
「SIMロックがかかっていると、格安SIMを含む他系列SIMカードが使えない」
「たとえばドコモのスマホでauのSIMカードを使いたいなら、SIMロックを解除する必要がある(不要の場合も有り)」
「ドコモ系列からドコモ系列(格安SIM)に乗り換える場合、SIMロック解除は不要」

この四つのポイントをまず理解しておきましょう。

SIMカードはネットを使用するのに必要なものですが、各キャリアは顧客流出を防ぐために、他社SIMカードを使えないようにしていたのです。それが当たり前だったんですね。

しかし最近では、初めから「SIMロックのかかっていない機種」も登場しつつあります。それが「SIMフリー(機種)」です。

SIMフリーとは

SIMフリーとは、最初からSIMロックのかかっていない機種のこと、あるいはSIMロックを解除した状態のことを言います。

格安SIM販売業者の提供する端末は基本的にSIMフリーです。

たとえば私はとある格安スマホを使用していまして、端末もその会社から購入したものです。

端末はSIMフリー、つまりどこの会社のSIMカードでも使えるので、今利用している格安SIMよりももっと安くてお得なプランを提供する会社を見つけたときには、いつでもそちらに乗り換えることができます。SIMフリーはすごく楽チンなのです。

SIMフリー機種はandroidだけでなく、iPhoneにもあります。たとえばアップルストアで販売されているiPhone8 SIMフリーバージョン。シルバーの64GBが税込85,104円です。

端末は少々お高いですが、格安SIMとの契約にそのまま使えるので、月々のケータイ料金を押さえたい方は、このようなSIMフリー機種を購入し、格安SIM会社(mineoやUQモバイル、LIBMO等々)と契約するのがおすすめです。

SIMフリー未対応機種も多い

ほんの数年前まではSIMロックをかけるのは普通でした。そのロックが解除できないというのもわりと普通というか、それほど疑問視されてこなかったと言えるでしょう。

そのためiPhoneにはSIMフリー未対応の機種がたくさんあります。2015年5月より前に出たモデルはすべてSIMフリー「未対応」と考えてください。つまりSIMロックを解除することはできないということです。

2015年5月以降に販売されたiPhoneで、SIMフリーに「対応している」機種は以下の通りです。

iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus

いかがでしたでしょうか。上記5機種であれば格安SIMに乗り換えることも可能です。各ケータイショップに相談してみてください。

SIMロック解除の方法は?条件や注意点ってある?

SIMロック解除の方法
iPhoneのSIMロック解除の方法は、三つあります。

ひとつは、各キャリアショップで解除をしてもらうという方法。もうひとつは、格安SIMを契約し、自分でSIMロックを解除する方法。そして最後に、iPhoneを削除(初期化)してロックを解除する方法です。

二番目と三番目はややこしいうえに失敗すると大変なので、私は一番目の方法、キャリアショップに解除してもらうことをおすすめします。

各キャリアショップでSIMロックを解除してもらい、端末をSIMフリーの状態にするには、3,000円の手数料がかかります。

また、契約内容によっては、購入からある程度期間を置かないとロックが解除できない場合もありますので注意が必要です。

simロックに関してはSIMロックやロック解除をご参照下さい。

一括払いなら即SIMロック解除可能

各キャリアショップでスマホを購入した場合、代金を一括払いにすれば、即時SIMロック解除をすることができます。

一括ではなく分割で支払った場合には、購入から100日経過後にSIMロックを解除することが可能です。

「一括=即時、分割=100日経過でSIMロックを解除できる、格安SIMを使えるようになる」

と覚えておけばOKです。もし仮に、購入した機種がSIMフリー機種であった場合、SIMロック解除の必要はありません。

ここでもう一度おさらいです。

「格安SIMにはau系、ドコモ系といった系列が存在する」
「SIMロックのかかっている機種は、他系列(au→ドコモ、ドコモ→au)に乗り換える場合にSIMロック解除が必要」
「SIMフリーの機種には初めからSIMロックがかかっていないので、解除は不要」
「SIMロック解除は、一括払いなら即時、分割払いなら購入後100日で可能となる(SIMフリー未対応機種は不可)」
「SIMロック解除は各キャリアショップで3,000円でできる」
「SIMロックを解除したあとは、どの系列のSIMカードも自由に使える」

どうですか、意外と簡単ですよね。ここまで来てもよくわからないという方は、キャリアショップに丸投げでもいいと思います。

SIMロックがかかっているのか、かかっていないのか、それを調べるのも含めて店員さんに任せちゃいましょう。

以下に一応、各キャリアのSIMロック解除の条件等の記載されたページのURLを貼っておきます。

しっかりと条件を確認して、そのうえでSIMロック解除を申し込んでください。

よくわからないという方は、先ほども言いましたが、ショップ店員に丸投げでもいいと思います。

iPhoneはSIMフリーに対応しているのかまとめ

iPhoneSIMフリーまとめ
以上、SIMロックやその解除方法などについてお話しいたしました。

iPhoneにはSIMフリー未対応機種が多いものの、最近の機種にはSIMフリーバージョンもあり、それなら格安SIMを使うこともできます。

androidの場合は、SIMフリー対応の機種であればSIMロックの解除が可能です。同系列の格安SIMを使用する場合はSIMロック解除は不要、また、もともとSIMロックのかかっていないSIMフリー機種も解除は不要です。

SIMロックは解除しておくと色々と便利なので、ぜひチャレンジしてみてください。

格安simおすすめランキングTOP

-iphoneとsimフリーについて

Copyright© 【格安sim&wi-fiルータ人気ランキング2018】格安simの最も安い利用法 , 2018 AllRights Reserved.