wi-fiルータでさらに快適に!

格安&高速wi-fi「Broad wimax」の性能や価格まとめ

投稿日:2018年3月28日 更新日:

Broad wimax(ワイマックス)
進学や就職、転勤などで4月から新生活を始める皆さん。インターネットはどうするおつもりですか?

有線のネット契約を考えている方も多いと思いますが、ちょっと待ってください。何故なら、無線インターネット=wi-fiを契約したほうが断然、冗談抜きでお得だからです。

「wi-fiはなんだか複雑そうだし、よくわからない」
「有線とそんなに違わないのではないか」

いえいえ、そんなことはないのです。当記事では、超格安料金でwi-fiルータを提供する会社リンクライフのサービス、「Broad wimax」の特徴や料金、メリットなどをご紹介いたします。

有線vs無線!どちらのほうがお得なのか?

有線と無線
一昔前であれば、有線と無線、ネット契約をするならどちらがよいかという問いには、誰もが「有線」と答えたでしょう。

有線接続は通信速度が高速かつ安定しており、スマホのようにアクセスの集中する昼時に通信速度が著しく低下するといったこともありません。

料金も今現在はそこそこ安く、契約した会社やプランによっては各キャリアのスマホ代金より安くなる場合もあるでしょう。

高速、安定的、安価、そして「ケーブルを繋いだ機器がネットに繋がる」というシンプルさも、ご年配の方でも使いやすいという意味でメリットに加えていいかもしれませんが、有線接続には非常に多くの魅力があるわけです。

これに対して、サービスが興った直後の無線接続はどうだったでしょうか?

通信速度はスマホより遅い、安定しない、月々の通信量に上限がある、その割には料金が高い、設定が面倒くさい、そもそもwi-fiに対応している機器が少ないなど、デメリットや弱点が多かったのです。

これでは有線接続に勝てるわけがありませんよね。

弱点を克服した無線接続

しかし最近のwi-fiサービスには、それらの弱点を完全に乗り越えたといっていいものも増えてきており、その一つが「Broad wimax」です。

通信速度、通信量上限&料金、対応機器、設定面、この4つの観点からBroad wimaxの特徴を見てみましょう。

1.通信速度

通信速度
Broad wimaxの通信速度は、下り最大708Mbps。これはものすごく速いのですが、どれくらい速いのかというと、一般的なスマートフォンの10倍くらいです。スマホの下り速度は大体75Mbps前後。

Broad wimaxは、みなさんが普段特に不自由を感じることもなく使用されているスマホの10倍速いわけですね。いやそれどころかこの速度、下手すると普通に有線接続より速い!

これだけの通信速度があれば、たとえばサミータウンなどのデータ通信量の大きなネットゲームでもすいすい、ストレスなく利用することができます。

YOUTUBEの動画は最高画質で見られるでしょうし、画像やゲームなどの大容量データのダウンロードも一瞬で終わるでしょう。

ネットが混雑している時間帯には、速度が110Mbps程度にまで下がる可能性もあるようですが、それでも普通のスマホの1.5倍速いんですよね。

私は出先ではいつもスマホのデザリング機能でノートパソコンをネットに繋いでいますが、それで「遅い、重い」と感じることはほとんどありません。75Mbpsでそれなのですから、110Mbpsもあれば十分すぎるくらいでしょう。

Broad wimaxは、通信速度が遅いという無線ネットの弱点については、完全に克服していると言っていいと思います。

2.通信量上限と料金

wimax 料金プラン
通信量の上限と料金はセットで見なければなりません。料金が月々5,000円だったとしても、1ヵ月100MBしか通信できなかったりすれば、それはもうぼったくりとしか言いようがありませんからね。

さて、それではBroad wimaxの料金はいくらなのか。驚くなかれ、ギガ放題プラン=データ通信「無制限」のプランが月々3,411円(税抜)です。

プロバイダー契約は不要なのでこれ以上お金はかかりません。しかも今現在はキャンペーン中で、入会から3ヵ月は2,726円(税抜)で利用できます。

おいおい有線より安いじゃねーか……。それに加え、今ならLTEエリアの利用(本来なら月1,004円掛かるオプション)が無料。初期費用18,857円がWeb申し込みで0円。

つまり今入会すれば月額料金を支払うだけでOK、その他の費用は一切かからないということですね。

しかもその月額料金も死ぬほど安いという……これ赤字にならないんですかね?冗談抜きで心配になります。

ちなみに、無制限とはいっても3日間で10GB以上の通信があった場合には、翌日18時~翌々日2時まで速度制限がかかるのですが、3日で10GBとか、違法動画をダウンロードしまくるとかしない限り、絶対に、確実に100%使いきれませんからね。

しかももし万が一上限に達したとしても翌日の朝には解除されているという。この速度制限に関しては、あってないようなものと言えるでしょう。

ギガ放題プランの他には、月々の通信量上限が7GBに制限される「ライトプラン」もありますが、こちらは月々3,326円(税抜)。ギガ放題プランのほうがお得ですね。

ライトプランはおそらく「子供がネットを使い過ぎないようにしたい」という親御さんに向けたサービスではないかと思います。

ギガ放題プラン ライトプラン
月額利用料 2,726円(最大3ヶ月) 2,726円(最大3ヶ月)
月間データ量 制限なし 制限あり(7GBまで)
LTEエリア利用料 無料 無料
初期費用 0円 0円
お支払い方法 クレジットカード/口座 クレジットカード/口座
プラン変更 変更可能 変更可能
契約期間 3年 3年

3.対応機器

これはもう皆さんご存知の通り、wi-fiに対応した機器は昔に比べればだいぶ増えました。

スマートフォンはもちろんのこと、今やノートパソコンなどもwi-fiに対応しているのが当たり前となっています。それだけでなく、小型ゲーム機にもwi-fi対応のものが多いですね。

Broad wimaxはルータ1台で最大40台の機器をネットに繋げることが可能。ですからたとえば、友人たちが小型ゲーム機をもってあなたの家に集まり、みんなで対戦するといったことも可能なのです。

新生活には何かと不安がつきまとうもの。できるだけ早く友人を増やしたいところですが、wi-fiは交友関係を広げるのにも一役買ってくれるのです。

4.設定面

これに関しては昔とあまり変わっていないような気もしますが、もともとそんなに難しいものではありません。

スマートフォンであれば、wi-fiのスイッチをONにすれば、接続可能な無線インターネット一覧を見ることができます。その中からBroad wimaxを選択し、パスコード等を入力すればOK。

基本的には、一度接続したことのある回線には、次回以降自動で接続してくれるようになります。これはスマホでもパソコンでも同じことです。

FREE wi-fiの危険性やデメリット、ポケットWiFiの安全性

FREE wi-fiの危険性
FREE wi-fiは、ギガが減るのが嫌な人などに良く利用されています。日本国内でもごく一般的に使用されるようになりました。

そんなFREE wi-fiについての説明をしていきたいと思います。

街中によくあるFREE wi-fiの危険性について

最近ではコンビニやカフェ、図書館、駅、病院などでWiFiが使えるようになっています。これは、誰でもWiFiが使うことができるという意味になっています。

海外から来ているお客さんに向けても使えるように自治体が設置している所などもあるようです。

FREE wi-fiは、回線をわざわざ設置しなくても使うことができるので便利なサービスなのですが、危険性がないとは言えないのです。

どのような危険性があるのかといいますと、通信内容を盗み見されたりする可能性があります。

通信のサイトなどから買い物をする時に、クレジットカードなどを使って支払いをする場合には、クレジットカードの番号や、有効期限などが盗み見される可能性があったりします。

FREE wi-fiのデメリットとしては、2つあります。

まず1つ目のデメリットは、セキュリティが安全ではないという点です。ネットワークによっては、未だに古いパスワードを使用している場合もあります。

みんなで使えるということは、セキュリティ上では安心して使うことはできないのです。

2つ目のデメリットは、通信速度が遅い場合があったりします。場所やネットワークなどの状況により、みんなが一気に利用するのでインターネットが繋がりにくいというデメリットがあるのです。

ポケットWiFiの安全性について

ポケットWiFiは、FREE wi-fiに比べてみると安全性は高くあります。なぜかといいますと、ポケットWiFiの場所は、セキュリティに暗号化方式が使われているからになります。

とは言っても、セキュリティに暗号化方式が使われているから全く危険性がないというわけではないのです。

そこで、ポケットWiFiのセキュリティを強化するための方法を教えていきたいと思います。

まず1つ目は、パスワードを常に変更するようにしましょう。2つ目のポケットWiFi強化する方法は、ウイルスソフトでパソコンやスマートフォンを保護するようにしましょう。ウイルスに感染してしまうと大事な自分の個人情報がばれてしまうからになります。

そういった意味でも、wi-fiルータであるBroad wimaxは非常におすすめなんですね!

有線は今や不便!wi-fiルータが主流になる理由

wi-fiルータ
以上ご覧いただきましたように、Broad wimaxは通信速度、通信量上限と料金などなど、あらゆる面で優れているといえます。

wi-fiにこれだけ素晴らしいサービスがあると、やはり有線接続の魅力は薄れてしまいますね……。

有線接続は、皆さんご存知の通りケーブルを繋がないとネットに繋げることができませんし、ネット接続できる台数には限りがあります。

一気に40台接続するというのは、できなくはないかもしれませんが、非常に面倒でしょう。

それに、小型ゲーム機などは基本的に有線接続には対応していません。友達と寄り集まって対戦をする、そんなふうな遊び方は有線接続では不可能なのです。

加えて、有線接続には料金が高いというデメリットもあります。

有線接続においては、ネット回線とプロバイダーの二つの契約をするのが一般的です。両方合わせて5000円~6000円くらいはするでしょうか。

Broad wimaxを利用すれば、もしかするとネット料金をこれまでの半額くらいにすることができるかもしれません。

月々3,000円浮くとして、これは結構大きな金額ではないでしょうか。1年で36,000円、10年で360,000円ですよ?

その36万円があれば、海外旅行もできますし、もっと身近なところで言えば、最新ゲームハードやソフト、ブランド品などを買ったり、パソコンを買い替えたりすることもできます。

今の時代、丸一日インターネットを使わない人はいないでしょう。乗り換えるのが早ければ早いほどいいのです。

無線接続に乗り換えることは、もはや人生をより充実させる手段であるといっても過言ではないでしょう。その中でもBroad wimaxは特におすすめのサービスですね。

格安スマホに乗り換えよう!

みなさんが毎月支払っているスマホの代金はいくらくらいでしょうか。大体5000円~10000円だという方が多いのではないかと思います。これ何が高いって、基本料金が高いんですよね。

Broad wimaxを利用するなら、この際simフリーの格安スマホに替えてしまったほうが良いと思います。

格安スマホは今や月々1,000円で3GB使えたりしますからね。しかも使わなかった分は翌月に持ち越しが可能。このシステムを利用すれば、スマホの「ポケットwi-fi化」が可能です。

Broad wimaxはパソコンはもちろん、スマホのネット接続にも使えます。Broad wimaxの回線を使えば、同サービスの高速通信を使えるうえに、スマホ自体の通信量は加算されません。

その気になれば、月々3GBまでという通信量を丸々翌月に持ち越すこともできるのです。家のネットにスマホを繋ぐ、これは有線接続では不可能ですが、無線接続なら可能なんですよね。

2ヵ月分=6GBの余力があれば、かなり長いことインターネットを使うことができますし、大きなデータをダウンロードすることもできます。

デザリングでパソコンをネット接続し、ネットサーフィンを楽しむのはもちろんのこと、サイトの編集やデザイン画の送受信などあらゆる仕事に使えます。

出先で急にパソコンでの作業が、ネット接続が必要となった。そんなときに役立つのが、スマートフォンでありデザリング機能なのです。

どうせ無線接続を使うのなら、スマホも格安のに乗り換え、スマホとして、あるいはポケットwi-fiとして、気軽に利用されてみてはいかがでしょうか。

wimaxはUQモバイルがおすすめです!

Broad wimaxの性能やメリット、価格まとめ

Broad wimaxの性能やメリット、価格まとめ
以上、Broad wimaxについてご紹介いたしました。通信速度、通信量の上限、料金、どれを取っても非常に優れていますね。

月々3,411円(税抜)が最大3ヵ月2,726円(税抜)に割引され、初期費用やオプションが無料なのは今だけ。

本当にこれ、新生活シーズンが終われば「割引タイム終了~」となる可能性がありますので、契約するならガチで今のうちです。

格安simおすすめランキングTOP

-wi-fiルータでさらに快適に!

Copyright© 格安simの料金や速度比較!デメリットがないsim通信回線ランキング2018 , 2018 AllRights Reserved.